写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日立情報通信エンジニアリングは4月21日、「IoT/M2M情報収集ソリューション」の機能を拡張した「スマートIoTサービス」の提供を開始することを発表した。

新サービスでは、これまで提供してきた「温度監視サービス」のリアルタイムなデータ収集と、その見える化、24時間監視による異常検知と警報通知機能に加え、新たにモバイル回線によるデータ収集や空調機器の監視・制御を可能とした。

また、監視可能な対象を温度から電力、湿度、CO2濃度などの環境データをはじめ、産業用機器から収集される稼働データまで拡張し、EMSや産業用設備の予兆監視など、幅広い用途に適用可能な自動監視を実現したとしている。

新サービスはクラウドサービスとして、顧客にクラウド環境とシステムの構築・保守をはじめ、モバイル回線によるデータ収集、メール・電話・FAXによる警報通知や、収集データのレポーティングといったサービスを提供する。

さらに、これまでの「冷蔵庫温度監視サービス」で培ったノウハウを生かし、短期間での導入・運用開始が可能なほか、利用者の既存インフラ設備・機器・センサ類の流用もできるため、過去の投資を有効に活用できる。要件に合わせた段階的なシステム拡張も可能で、中小規模から大規模、各地の複数拠点にまたがったシステム拡張ができるという。

下表は新サービスの提供内容と価格。なお、初期導入費が別途必要となる。

(辻)