画像

写真拡大

 ソフトバンクとマイクロアドの資本・業務提携が発表された。今後両社では、スマートデバイス向けの新規広告サービスの共同開発などに取り組む予定。

 ソフトバンクとサイバーエージェントの連結子会社であるマイクロアドは、マイクロアド株式の一部のソフトバンクによる取得およびマイクロアドが実施するソフトバンクを割当先とする第三者割当増資の実施により資本提携し、スマートデバイス向けの広告事業で業務提携することになった。これにより、ソフトバンクはマイクロアド株式の20.01%を保有する予定。

 そして、今回の資本・業務提携により、マイクロアドがこれまで培ってきたアドテクノロジーと、ソフトバンクが有するモバイルマーケティングのノウハウを融合させることができる。今後両社では、ユーザーの利用シーンの特性を生かしたスマートデバイス向けの新規広告サービスの共同開発などに取り組んでいく。

MarkeZine編集部[著]