写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三井ダイレクト損害保険はこのほど、「新社会人」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査は3月28日〜30日、2〜3カ月に一度以上車を運転する新社会人男女300名(関東在住150名、関西在住150名)を対象にインターネットにて実施された。

○初任給の使いみち、2人に1人が「親にプレゼント」

はじめに、初任給の金額を教えてもらったところ、関東の平均は20万2,025円、関西の平均は19万5,627円だった。

初任給の使い道について尋ねると、「親にプレゼントを購入(48.3%)」「貯蓄(39.7%)」「外食(33.3%)」がTOP3に。そこで、「親にプレゼントを購入」と答えた145名に対し、プレゼント購入にかける予定金額を聞いたところ、関東の平均は3万6,351円、関西の平均は2万4,127円と、その差は1万円以上となり、東西で大きく差が出る結果となった。

○関西よりも関東の方が自己投資に意欲的

次に、今後自分自身への投資として購入したいものを聞いたところ、関東・関西ともにトップは「スーツ」となり、新社会人として身なりから投資しようとする姿が見受けられた。「全体的に関西よりも関東の新社会人の方が、各項目の回答率が高くなっていることから、関西に比べて関東の新社会人は自己投資に対する意欲の高さがうかがえた」と調査では分析している。

○運転免許は「身分証明書代わり」

次に、運転免許を取得した理由を聞いたところ、「生活で必要だから(51.3%)」が最も多かった。そのほか「身分証明書代わりにしたいから(20.3%)」や「大人として当然だから(16.0%)」といった回答も並び、社会人という身分上、必要だと考えている人も多いことがわかった。

(CHIGAKO)