新予告編に歓喜! マット・デイモンの「ボーン」が戻ってくる!!

写真拡大

2002年に公開された『ボーン・アイデンティティ』から10余年。最高のアクション「ボーン」シリーズの予告編が公開された。もちろんボーンを演じるのはマット・デイモンだ。北米公開は7月29日、日本でも10月の公開が予定されている。

ジェイソン・ボーンを演じるマット・デイモンを見たのは、2007年の『ボーン・アルティメイタム』が最後だった。彼はマンハッタンのイーストリヴァーにボーンという身分を蹴り落とし、ついに長年に渡る暴力に満ちた二重生活と、狂ったような追跡、歩道を破壊して回るカーチェイスから逃れたのだ。

「新予告編に歓喜! マット・デイモンの「ボーン」が戻ってくる!!」の写真・リンク付きの記事はこちら

それからほぼ10年が経って、デイモン(とジェイソン・ボーン)が戻ってきた。今夏のジェイソン・ボーン初の完全なる予告編は、彼が正義を求めて、探しているということを見せてくれる。

このトレイラーのことは、冷静なふりをして書くことなんてできない。だって「ボーン」シリーズの新作なのだから! 『ボーン・アイデンティティ』(2002年)、『ボーン・スプレマシー』(2004年)を含むデイモンの「ボーン」シリーズ3作は、史上最高のアクションシリーズの1つに数えられる。世界を駆け回り、そしてカメラが揺れる満足度最高の陰謀スリラーのこの3部作では、ときに雑誌が武器になり、死体が漂流時の浮き輪代わりになり、親しい仲間が敵になる。

これまで幾年を過ごしたことだろう、デイモンがカムバックしてくれないかと願いながら。そうすれば彼が、フライドポテトを持ちながら地下鉄を待つ、ピシっと決めた強面ヨーロッパ人の殺し屋たちを器用にK.O.する様が見られるのに、と。

さて、もう一度。ボーン映画の新作だ! 今日までわたしたちがジェイソン・ボーンについて知っていたのは、サイバー犯罪とともに、さまざまな“最果ての場所”に関わっている、ということだけだった。しかしこの第1弾トレイラーが示すように、ボーンが過去を解き明かし、元共謀者ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)を助ける物語でもある。彼女は「スノーデンよりヤバい」とある工作員が忠告するハッキング集団に捕えられる。いい、いいじゃないか! ボーンとニッキーはお決まりのカップルになる。シリーズ監督のポール・グリーングラスは“やり方”を知っているのだ。

RELATED

カッコいい爆発はある? もちろん! ヨーロッパ車とのカーチェイスも? もちろん! たくさんのエージェントが監視ルームを駆け回り、どうやってボーンが逃げ出したのか解明しようとする? 賭けてもいい。

今回の俳優陣には、トミー・リー・ジョーンズと、最近オスカーを獲得したアリシア・ヴィキャンデルが加わっている。甲高い声をしたモービーのテーマソングも入っている? それは、7月29日に新作が公開されたら分かるだろう。

注目ポイント
上記動画の予告編、1分49秒後に注目。ボーンが古い椅子を使って肉弾戦に及ぶシーンだ。

重要なセリフ
ロバート・ドウェイ(トミー・リー・ジョーンズ)「どうして奴がいまになって戻ってくるというんだ?」