著者撮影

タイ旅行の楽しみは人それぞれですが「おいしいタイ料理をたくさん食べたい!」という方も多いのでは? 屋台料理から高級ホテルの星付きレストランまで、さまざまなタイ料理を食べ歩くだけでも楽しいのですが「自分でも作ってみたい! タイ人においしいタイ料理を教わりたい!!」という方は、クッキングクラスに参加してはいかがですか?

 

「ISSAYA COOKING STUDIO(イッサヤー・クッキング・スタジオ)」


ISSAYA_入口著者撮影

旅行者にぜひおすすめしたいのが、タイ版料理の鉄人シェフ、イアン・キティチャイ氏が手掛けるタイ料理教室「ISSAYA COOKING STUDIO(イッサヤー・クッキング・スタジオ)」です。

ISSAYA_スタジオ著者撮影

バンコクの高級ショッピングモール「Central Embassy(セントラルエンバシー)」内にあり、BTSプルンチット駅直結でアクセス抜群です。ほぼ毎日、午前・午後の2回開催されていて、英語にも対応しています。値段は高くなりますが、イアン・キティチャイ氏が教えてくれる回などもあるのでホームページのカレンダーは要チェック!

 
ちなみに私が受講したのは、午前11時から午後2時に開催された会で、この日のメニューは

・ラープガイ(鶏ひき肉のハーブ和え)
・ソムタム(青パパイヤのサラダ)
・プーニムカイケム(ソフトシェルクラブ揚げと塩玉子)
・グラードゥックムーオップソース(骨付きリブのソースを絡めオーブン焼き)


の4品。

どれもおいしそうで、作る前からワクワク!!
クッキング教室もISSAYAらしい洗練された華やかさで、とても贅沢な空間です。

 

さっそく調理スタート! 


参加者は英語で作り方と材料が書かれているがもらえます。そしてまずは先生の説明を聞きながら作り方を見学。説明が終わったら各自の調理台に移動して、クッキングスタート。1人につき1台調理台があり、材料もあらかじめしっかりと分けられているので、あとは作るだけです。

ISSAYA_調理1著者撮影

先生の作り方を見たばかりだし、カンタンカンタン〜。と思っていたのですが、いざ自分ひとりで作るとなると、分からないことも出てくるのですが、そこは先生が教えてくます。

ISSAYA_デモ著者撮影

材料を見ながら作っているといろいろな疑問もでてくるのですが、例えばパームシュガーとココナッツシュガーと砂糖の違いや、料理による使い分けの意味など、一つひとつの質問にも丁寧に答えてくれるので、タイ料理がもっと面白く感じました。

ISSAYA_料理著者撮影

料理はおいしいうちに、作ったそばから試食。

ISSAYA_食事著者撮影

3時間で全部終わるのかな〜? と思っていたのですが、何とか終了! 
パッキングして持って帰る? と聞かれたのですが、遅いランチにちょうどいい時間だったので、リクエストして一緒に参加した友人と2人でランチを食べることに。

自分たちで作った料理はやっぱりおいしい!
素材もレシピもISSAYAのものなので、ハズレはありません。

「セントラルエンバシー」の5階には「ISSAYA La Patisserie(イッサヤー・ラ・パティスリー)」が入っているので、デザートをここで食べるというのもおすすめです。

 
ISSAYAの料理を思う存分楽しみたい! という方はサトーンエリアにある「ISSAYA SIAMESE CLUB(イッサヤ―・サイアミーズ・クラブ)」に行ってみて下さい。古い家屋をリノベーションした素敵な一軒家レストランで、イアン・キティチャイ氏の作りだすため息が出るほど美しくておいしいタイ料理が楽しめますよ。個人的には、料理教室に参加する前にこのレストランで食べて気分を上げておくと、料理教室での真剣度もアップすると思います。

 
ISSAYA COOKING STUDIO
・レッスン料:2,000B++(イアン・キティチャイシェフの場合は 5,000B++)
・営業時間:10:00〜22:00(クッキングクラスにより異なる)
・定休日:なし
・住所:Central Embassy, LEVEL LG, 1031 Ploenchit Road, Lumpini, Pathumwan, Bangkok
・TEL:(+66)2 160 5636
・HP:http://www.issayastudio.com/ (http://www.issayastudio.com/)
・MAIL: booking@issayastudio.com

 
(text & photo:美濃羽佐智子)

 
カワイイ!おいしい! 女子旅 ♡ タイランド
その他の記事を読む> (http://tripping.jp/author/90)