西武鉄道のテレビCM「2016年春夏・取材旅行編」のワンシーン

写真拡大

埼玉県秩父地域への誘客を進める西武鉄道は、芥川賞作家でお笑いコンビ、ピースの又吉直樹さんを起用したテレビCM「2016年春夏・取材旅行編」の放送を2016年4月21日から始まった。YouTubeでも同時公開。

東京・池袋から西武特急レッドアローでおよそ80分、「東京の奥座敷」というべき秩父一帯は、第12代・景行天皇の皇子である日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征にまつわる伝承が数多く残されている。「秩父を旅することによって何かが始まる、動き出す予感を感じさせる――」。物語的な魅力に溢れる当地を、又吉さんは全身で表現している。

6月には又吉執筆のオリジナルショートストーリーも公開

又吉さんは小説家の本人役として登場する。小説の着想を得るためレッドアローに乗る。向かった先は秩父市中心部から北に13.2kmほど離れた長瀞町だ。

秩父鉄道・長瀞駅前から続く商店街を進み、食べ歩きをしながら荒川の峡谷「長瀞岩畳」へ。大規模な地殻変動が生み出した奇妙な形の岩石や岩壁が、荒川の両岸に横たわっている。なんとも幻想的な光景だ。

次の目的地は、岩畳からおよそ1.2km離れた所にある「宝登山神社」だ。こちらは秩父神社・三峯神社とともに秩父三社の一社で、創建は西暦110年と伝えられる。御祭神は神武天皇。境内に足を踏み入れた又吉さんの脳裏には――神秘的なビジョンが思い浮かぶ。小説家の想像力を刺激する何かがあるのだろうか。

ちなみに又吉さんと共演している女性は満島みなみさん。女優・満島ひかりさんと俳優・満島真之介さんの妹だ。

又吉さんはお笑い界の"オシャレ番長"としても知られる。独特なファッションスタイルもCMの見どころの一つだ。放送スケジュールの詳細は公式サイトで。

6月と8月頃、又吉さんがオリジナルで執筆したショートストーリーも同サイトで追加公開される予定。