【終了】Beatsはいかに「ポップカルチャーの針」を進めるのか──現プレジデント、ルーク・ウッドが明かす、未来の音楽ビジネスのつくり方:「Sound & City」に登場!

写真拡大

生み出すプロダクトが、単なるアイテム以上のカルチャーアイコンとなる希有なオーディオメーカーBeats。アップルによる劇的な買収を経て、さらに大きく音楽というカルチャーを動かすBeatsの現プレジデント、ルーク・ウッドが来日する。彼が「Sound & City」で語る「音楽ビジネスの未来」とは。4月28日(木)14:00〜、アークヒルズカフェにて(1日券¥3,500)。

「【終了】Beatsはいかに「ポップカルチャーの針」を進めるのか──現プレジデント、ルーク・ウッドが明かす、未来の音楽ビジネスのつくり方:「Sound & City」に登場!」の写真・リンク付きの記事はこちら

「SOUND & CITY」、4/28(木)〜29(金)開催

詳細は、随時更新される特設サイトにて!

※ チケットについて、Peatixでの受付は終了していますが、カンファレンス、サウンドセッションともに当日券のご用意がございます(2016.4.29 10:00)

「Beats」は実は、よくわからない会社だ。一世を風靡したヘッドホンをつくっている「メーカー」だということは、なんとなくわかる。スピーカーなどを含め、新たなオーディオデヴァイスを次々と世に出しているということから、従来の「メーカー」に対する競合とみなすことはもちろんできる。

ヘッドホンも製造しているあるオーディオ機器メーカーの勉強会のようなものに呼ばれた際に、「Beatsはなんであんなに成功してるのか、よくわからない」といった嘆息まじりの声を現場の方たちから聞いたこともある。そうこうしているうちに、Beatsは自らストリーミングサーヴィスを立ち上げては、ハードウェア部門もろともアップルに売りつけるというダイナミックな芸当を見せてきた。Beatsは、おそらく、いちども、従来の意味において「メーカー」であったことはないのかもしれない。では、その「本質」はどこにあるのか。もういちどよく見つめ直してみる必要がある。

BeatsをDr. Dreとともに立ち上げた首謀者は、ジミー・アイオヴィンという人物だ。70年代にはブルース・スプリングスティーンを世に送り出し、90年代にはIntersocpe Recordを立ち上げ、オルタナティヴロックとヒップホップをメインストリームへと押し上げた業界の「ビッグショット」だ。アイオヴィンのキャリアは、基本、ポップミュージックをそのコンテンツの有り様において進化させることに費やされてきた。いうなれば、テック屋でもシステム屋でもなく、バリバリのコンテンツ屋である。出自が録音エンジニアにあるものの、そのキャリアにおいて、Beats以前に、ハードウェアの「開発」に関わったような形跡は見当たらない。

INFORMATION

『WIRED』VOL.21「Music / School 音楽の学校」

音楽家を育てるだけが音楽教育ではない。文化、あるいはビジネスとして音楽をよりよく循環させる「エコシステム」を育てることが「音楽の学校」の使命だ。ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィンが生んだ、音楽の未来を救う学びの場や、アデルらを輩出した英国ブリットスクールの挑戦、Redbull Music Academyの“卒業生”へのアンケートやオーディオ・スタートアップへのインタヴューなど、これからの学校のあり方を音楽の世界を通して探る特集。

『WIRED』日本版VOL.21の特集「音楽の学校」で、そのアイオヴィンのストーリーを掲載しているが、彼がそこで「人生の野心」として語っているのは、「ポップカルチャーの針を動かす」ことだ。彼は「音楽の聴き方だけでなく、ファッションや行動、考え方やライフスタイルまでをも変えてしまうような大規模な火種を常に探している」、と、彼を90年代から腹心として見つめ続けてきた現在Beatsのプレジデントを務めるルーク・ウッドは語っている。

音楽の「ソフト」側にずっと携わってきたアイオヴィンが、「ハード」のポテンシャルに気づいたのは、iPodの登場によってだったと記事は語っている。そして彼が、スニーカーをつくる計画を持っていたDr.Dreに、思いつきで「スニーカーなんてファックだ、つくるならヘッドフォンだ」と進言したことからBeats by Dr. Dreが生まれたというのが有名な話だ。

studio-white-quarter

音楽を聴くための機器を超え、いまやカルチャーアイコンとなったBeatsのヘッドホン。

いうなれば、Beatsは、ハードウェア開発の経験のない人間ふたりによって、ひょんな思いつきからつくり出された「スタートアップ」だったといえる。ただし、ふたりは、音楽というもの、ポップカルチャーというもののダイナミズムを知り尽くし、それを豪腕をもって動かすことのできる力をもった人物だった、というのが決定的に違うだけだ。しかし、とはいえ、Beatsの躍進は、既存のオーディオメーカーに占有されていたマーケットに、新たな価値観を持ち込み、以後世界中で生まれてくることとなった「ハードウェアスタートアップ」が活躍することのできる道筋をつけたのは間違いないはずだ。

そうした観点から見てみると、彼らがやっていること、やろうとしていることは、全く違った相貌をもってみえてくるはずだ。カルチャーの側から、彼らはハードウェアや、その上を走るシステムを見通している。「テック企業は、カルチャーの見地からみれば無能である」と言い切るアイオヴィンをリーダーとして抱く企業は、ハード、ソフトに関わらず、テクノロジーというものを、それらを「専業」とする企業には、できないやり方で扱ってみせたのだろう。カルチャーをナメるなという気概が、おそらく、その根底にある思想を成している。

「Sound & City」では、そのBeatsのプレジデント、ルーク・ウッドを招聘し、Beatsの価値観やその「思想」を大いに語ってもらう予定だ。

GeffenからInterscope Recordを経て、Beatsに参加したウッドのキャリアは、ジミー・アイオヴィンの軌跡とピタリと符号している。ウッドほど、アイオヴィンがみてきた風景を知っている人物はおらず、またBeatsの理念を理解している人物もいない。また、自身シンガーソングライターであり、バンドマンでもあるウッドならではの音楽観も、Beatsにおいては、重要なファクターを成していることも忘れてはいけない。名門ギターメーカーFenderの役員も務めるウッドは、ロック系ミュージシャンのスピリットをBeatsに吹き込む存在となっている。

「ポップカルチャーの針を進める」。その真意と極意を知るとともに、今後のカルチャービジネスのヒントとなる、重要な指針を授けてくれるトークセッションとなるはずだ。

Luke Wood from Beats by Dr. Dre
beatsプレジデントが語る「音楽体験と音楽ビジネスの未来」

日時:4月28日(木)14:00-15:20
場所:アークヒルズ・カフェ
入場料:1日券3,500円(終了しました)

LUKE WOOD|ルーク・ウッド
Beats by Dr. Dre(Beats)プレジデント。創設後の早い段階からBeatsに携わり、2011年に正式に参画。1991年に当時NirvanaやSonic Youthなどが所属したGeffen RecordsのPRディレクターとしてキャリアをスタート。Interscope Geffen A&M (IGA)のチーフ・ストラテジー・オフィサーを務めた後、imprint DGC Recordsの代表としてWeezer、All American Rejects、 Rise Against、 Yeah Yeah Yeahなど、多くのアーティストを輩出した。2014年8月、U2のBono、The Edgeと共にFender Musical Instrumentsのディレクターにも就任。ソングライター/ミュージシャンでもあり、1996年には、ユニバーサルミュージックグループと契約。同年、自身が参画するバンドSammyは3枚目のアルバムをGeffen/DGC Recordsからリリースしている。

INFORMATION

4/29(金)もセッション&ライヴが盛りだくさん!「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、4月28(木)〜29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント。会場では無料で体験できるさまざまなインスタレーションも! 【Peatixでの受付は終了していますが、カンファレンス、サウンドセッションともに当日券のご用意がございます(2016.4.29 10:00)】