18日、北京出入境検査検疫局のスタッフが摘発した猛毒カエルの一種「黄金ヤドクガエル」を公開した。

写真拡大

2016年4月19日、新華社によると、北京出入境検査検疫局のスタッフが18日、摘発した猛毒カエルの一種「黄金ヤドクガエル」を公開した。

【その他の写真】

2015年9月9日に黄金ヤドクガエルを初めて摘発して以来、2016年4月15日、北京出入境検査検疫局が再び世界一の猛毒を持つ生き物の1種であるヤドクガエルの生体合計10匹を摘発した。今回の摘発は検疫要員がEMS国際速達郵便の入境検査を行った際に発見したものだ。荷物はポーランドから送られた小包で、「衣服、贈り物」として申告された不審な小包だったため、箱を開けて検査を実施したところ、筒状のプラスチックケース10個の中にそれぞれ生きたカエルのような動物が入れられているのを発見した。また、X線検査を避けるためにプラスチックケースの外側を衣服や新聞紙などで包んで偽装していた。検疫要員は法に則り、輸入禁止物に対して差し止め措置を行い、ただちに中国科学院動物研究所に鑑定を依頼した。

資料によると、ヤドクガエルは世界で最も美しいカエルで、世界一の猛毒を持つ動物の1種でもある。特に今回摘発したヤドクガエルのうち、黄金ヤドクガエルはヤドクガエルの中で最も猛毒の1種で、1グラムの毒で1万5000人の致死量になる。黄金ヤドクガエルは身体全体の皮膚から神経をマヒさせ、パルス神経伝達を阻止することができる毒性が強い神経毒を分泌することが可能だ。毒に触れると数分以内で筋肉が勝手に収縮し始め、最終的には心停止に至らしめる。(提供/人民網日本語版・翻訳/JK・編集/武藤)