「本当にお疲れさま」…なでしこFW大儀見優季、妹の現役引退は「心が痛む」

写真拡大

 1.FFCフランクフルトに所属するなでしこジャパンのFW大儀見優季が21日、自身のブログ(http://ameblo.jp/y-naga19/)を更新し、ポツダムに所属するFW永里亜紗乃の引退に際してコメントを残した。

 今シーズン限りでの現役引退を発表した永里は21日、公式ブログ(http://ameblo.jp/asano-n-18/entry-12152350818.html)で心境をつづった。「正直まだまだサッカーを続けていきたい気持ちもありますし、この決断を受け止めきれていない部分も正直あります」と気持ちの整理がついていないことを明かした永里。引退の決断理由を「膝は軟骨の状態が良くなく、ドクターにも『今このままサッカーを続けると将来歩けなくなってしまうかもしれない』と言われてしまい、この言葉が強く突き刺さりました」と説明した。

 この発表を受け、姉である大儀見もブログを更新。「妹が過ごした23年というサッカー人生において、姉として、時には仲間として、時には敵として、本当に多くの時間を一緒に過ごしてきました。そんな妹が下した今回の決断は、本当に心が痛む想いでした」と辛い思いを発信した。

 「2013年1月に海を渡り、ドイツに飛び出してからの妹は、本当に逞しく成長していきました。チームメイトとコミュニケーションをうまくとり、いろんな壁にぶち当たりながらもそれを乗り越えていく姿は、本当に誇らしく思えました」と妹の成長を感じていたことを明かした大儀見。「これから妹は、女子サッカー界、そして1人でも多くの人の力になれるよう、第2の人生を歩んでいってくれると思います」とエールを送った。

 ブログの最後で、「サッカーを始めてから23年、プロとしてポツダムで過ごした3年間、本当にお疲れさま。よく頑張ったね」と語りかけた大儀見。「亜紗乃がいなかったら、今の私はないよ。本当にありがとう」と感謝の思いを伝えた。