20日、韓国で2年前に起こったセウォル号惨事の犠牲者を追悼する象徴として使われてきた黄色いリボンが、世界共通の絵文字として登録された。写真は韓国・ソウルに設置された追悼モニュメント。

写真拡大

2016年4月20日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国で2年前に起こったセウォル号惨事の犠牲者を追悼する象徴として使われてきた黄色いリボンが、世界共通の絵文字として登録された。

【その他の写真】

多言語文字コードを制定した米国の団体「ユニコード・コンソーシアム」によると、黄色いリボンを表す絵文字が、「リメンバー0416」との名称で同団体の「採択文字」に登録された。これにより、「リメンバー0416」は事実上、世界のすべてのパソコンやスマートフォン、タブレット端末などで絵文字として使えるようになった。また同団体は「採択文字として一度登録されると、その効力は永久に継続する」としており、「リメンバー0416」も今後永久に残されることになる。

もともとこの絵文字は「記憶のリボン」との名で呼ばれていたが、このほどある後援者が「リメンバー0416」の名称に変えるべく、同団体に寄付を行ったという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられた。

「一団体にも劣る国家と政府…何も期待できない」
「朴槿恵(パク・クネ)大統領はどうしてあんなに調査を妨害し続けるのかな」
「当事国である韓国では、セウォル号の犠牲者や遺族が金にうるさい破廉恥なやからだと責められている」

「ありがたいことではあるけど、同時に実に恥ずかしいことだ。この世のすべての人が哀悼し記憶しようとしていることを、当の政府や大統領が無視している。僕らは今、共感する心も能力もない政府の下にいるみたいだ」
「うれしいニュースなのに悲しい。韓国政府は人ではなく機械なんじゃないか…」

「寄付金を出してくれたその方に心からありがとうを言いたい」
「とにかく惨事を忘れろと言うばかりの政府とは違うね。4月16日をずっと記憶にとどめよう」
「子孫たちが2年前の4月16日を永遠に記憶するんだ。朴大統領のことも一緒に」
「朴大統領が怒って机をたたきそう」(翻訳・編集/吉金)