サクッとろ、作りたて。アラン・デュカス氏のシュークリーム専門店

写真拡大 (全5枚)

フランス料理界を代表するカリスマシェフのアラン・デュカス氏のもと、2014年にパリで誕生した"ふた口の贅沢"を提案するシュークリーム専門店「choux d'enfer PARIS」が、新宿に海外1号店をオープンしました。

パリジャンに愛されるシュークリーム
昔ながらのシュー菓子をこよなく愛するというアラン・デュカス氏が立ち上げたchoux d'enfer PARISは、フランスの伝統的なシュークリーム専門店です。

店内で焼き上げるローストナッツやあられ糖などのアクセントが効いたサクサクのシュー生地に、素材本来の味わい豊かな自家製クリームを注文にあわせ目の前でたっぷりつめてくれます。パリ店と同じように製造工房一体型の店舗で、作りたてがいただけます。

GOURMAND グルマン 6個セット 680円(税抜)

フレーバーは、パリと同じショコラ・キャラメル・アグリュム(柑橘系)のほか、日本での展開にあたり、アラン・デュカス氏監修の元、チームで作りあげたというカスタード・抹茶・さくらの6種類です。ちなみに、さくらは5月末までの限定フレーバーです。
高級なだけでなく質の良いものを届けたい
アラン・デュカス氏が海外1号店を日本に決めたのは、シュークリームの文化は発達しているのに、パリのようなシューのサクサク感やあられのカリカリ感を楽しめるような、素材の豊かなバリエーションのシュークリームがなかったことと、日本人の好みにあっていると感じたからだそう。

今シーズン限定のさくらフレーバーは、スイーツといいながら、素材に桜を使用し、塩分を感じ、クリームチーズのように濃厚なため、ワインとの相性も抜群。

桜のようなピンク色のロゼワインやロゼシャンパンとともに、ピクニックやガーデンパーティーなどで、楽しんでもらいたい。

とアラン・デュカス氏。今後も、限定フレーバーは、約2か月ごとに登場するそうです。
ふた口でいただくには少し大きめな、ずしりとたっぷりの濃厚クリームでお腹にもたまりそう。パッケージもキュートなので、ホームパーティーの時にもよろこばれること間違いなしです。

「choux d'enfer PARIS NEWoMan 新宿店」
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan エキナカ(新宿駅新南口駅構内)
TEL:03-3354-2181
営業時間:8:00〜22:00

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。