ナイフで攻撃されたいなんて思う人はいません。ましてやこちらが防衛手段を持っていない場合には。でも、次の5つのアドバイスを知っていれば、もしもの時に役立つかもしれません。

ナイフの怖いところは、誰でも簡単に入手でき、隠して持ち歩くのも容易いところです。マーシャル・アーツのレッスンを行っているComprehensive Fighting Systemsのヘッド・インストラクター・Chad McBroom氏は、刃物などの鋭利で攻撃性の高い武器に対する護身術を数年に渡って指導してきました。McBroom氏は、ナイフなどの鋭い刃物で攻撃されそうになった時にやるべきこととして、以下の5つのことを挙げています。

動いて相手から距離をとる。相手から一定の距離を保つことは、凶器による攻撃を防ぐためのベストな方法です。フットワークを使って、できる限り相手から離れるようにして下さい。可能であれば、走りましょう。

防壁となるものを探す。相手からの攻撃を遮ってくれそうなものなら何でも構いません。公園だったらベンチ、路上だったら車の後ろに身を隠しましょう。周りに身を隠せるようなものがなければ、椅子やショッピング・カートなど適当な障害物となりそうなものを自分の身体の前に置くのもいいでしょう。

急所を守る。攻撃が避けようもないなら、内臓や動脈などの急所を極力守るようにしてください。喉、首、肺、心臓、動脈をつなぐ、身体の中心を腕でガードしましょう。

相手の武器に気を取られ過ぎない。しなる鞭の先のように、刃の動きはとても素早いものです。でも、腕の動作はすべて上半身から来るものです。視界を広げて相手の胸骨の動きをとらえられるようにし、ナイフの動きを読み取りましょう。

諦めずに戦い続ける。傷を負うこともあるかもしれませんが、そこにこだわり続けてはいけません。何であれ、最後まで諦めないことです。検死官がそうだと判断を下すまで、あなたは死んでいないのです。

ナイフで攻撃されるような目に遭わないで済めばそれが一番ですが、万が一に備えてサバイバル術の基本を頭に入れて置くのは大切なことです。隙あらば走って逃げるという鉄則を決して忘れないでください。


On the Cutting Edge: Counter-Blade Tactics for Real World Survival | ITS Tactical

Patrick Allan(原文/翻訳:鈴木統子)
Photo by Michael Saechang.