男子は「サラダの取り分け問題」が正直しんどい

写真拡大

アラサー男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、男子にちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは、男子は「サラダの取り分け問題」が正直しんどい。

一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

1.「サラダをとりわけると、アピールしてるみたいで嫌だな...とか言う女の子はしんどいね。そんなこといちいち考えない、素直な子がいい」(26歳・メーカー)

2.「率先してとり分けるタイプの子を悪く言う子って、性格悪いよね。自分が"王道モテ"できないタイプだからってひがむ、性格ブサイク」(35歳・商社)

3.「取り分けるかどうかなんて、その話題すらしんどい。散々こすられたネタより、話すことあんだろって思う」(28歳・証券)

人目気にせず、パッとやってよ

男性は、サラダをさりげなく取り分けてくれる女性に、好感を抱きます。

しかし、それがきっかけになって好きになることはありません。あくまで入口です。

それを、人目を気にしてできないとか言う「行動に計算が入るタイプの女性」を男性は嫌います

取り分ける女性を悪く言わないで

いつも取り分けるタイプの女性のことを、「あんなのポイント稼ぎじゃん」「計算が見え見え」なんて悪口を聞いたものなら、男性はドン引きします。

男性は、女性の悪口を聞くと、「あ、性格悪いな、怖いな」と過敏に思ってしまいます

取り分けたくらいで、文句を言わないでください。

その話題すら、もうしんどい

サラダを取り分けるかどうか。

そんなこと散々語られ尽くしてきたことだし、今更話題にもあげて欲しくありません。もう同じネタはしんどいです。

「サラダとり分けると効果あんの?」なんて退屈な質問、死んでも聞いてはいけません。

心底どうでもいい

男子にとっては、「サラダとりわけ問題を持ち出す女は退屈」というのがホンネです。

サラダを取り分けるかどうかなんて、本当にどうでもいいです。やればそりゃ、気がきくなと思うだけです。

それ以上でも以下でもありません。

サラダ取り分け論争に、男性はうんざりしているのです。

「いくつに見える?」「これいくらでしょう?」レベルのしんどさです。二度と口に出さないように、気をつけましょう。

image via Shutterstock