青空のもと、気持ちよく国産ワインを楽しむ3日間

写真拡大 (全4枚)

自然を大事にする日本人の気質に基づいた「食に関する習わし」がユネスコ無形文化財に指定されている「和食」。海外からの日本の食文化に対する関心に伴い、いま日本ワインへの注目が高まっています。
10,000本のワインが豊洲に集結
そんな中、開催されるのは全国のワイナリーが集まる日本ワインの最大級イベント「日本ワインMATSURI祭」。「ららぽーと豊洲」に隣接する豊洲公園で行われる、昨年に始まり2回目となる18道府県、49ワイナリーが参加するイベントです。今回は2016年6月3日(金)から6月5日(日)の3日間で開催されます。

国産ワインは日本でつくられているのも関わらず飲んだことにない方も意外と多いのだとか。確かに私もお店のラインナップにフランスやチリ、アメリカ産など海外のものが多いので国産のものは手にとる機会が少なかった気がします。
数年前と比べて種類が豊富になった国産ワイン。せっかくだからいろいろな種類を頂いてみたい! という方にも「日本ワインMATSURI 祭」はピッタリのイベント。
産地毎にコーナーをつくり、1杯300円から販売。日本全国各地の10,000本のワインを多品種楽しむことができます。
参加方法はオリジナルワイングラス(プラスチック製)200円とチケットを購入。ブースで好みのワインを選んで乾杯! 飲み終えたら洗浄スペースでさっと流して次のワインへ。これなら軽く楽しみたい人からたくさん飲みたい人まで気軽に参加できそうです。
みんなで幅広く楽しめる
ワインの販売だけでなく日本ワインを紹介する展示コーナーや大人から子供まで楽しく日本ワインを理解してもらうクイズラリーが行われたり、人気のキッチンカーが集まるそう。

音楽ステージなども催されるこのイベントでは幅広い層で楽しめるのも魅力。子ども向けのゲームコーナーや遊具も設置されるので家族でも安心してお出かけできそうです。公園なのでレジャーシートを広げてピクニック気分を味わうのも楽しそうですね。
初夏の気持ちいい青空のもと、みんなでワインを飲んで盛り上げれそうなイベント。飲んで、遊んで、学べるワクワクした3日間になりそうです。

「日本ワインMATSURI祭」
日時:2016年6月3日(金)〜6月5日(日)
3日 15:00-21:00 (L.O 20:00)
4日 11:00-19:00 (L.O 18:00)
5日 11:00-19:00 (L.O 18:00)
開催場所:江東区立豊洲公園(ららぽーと豊洲横)

image via Shutterstock

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。