【心理テスト】病気のときに選んだ医者でわかる、あなたを助けてくれるキーパーソン

写真拡大

 病気になると気弱になってしまい、病院のお医者さんがとても頼りになる存在に思えます。同じく、社内でピンチの時に手を差し伸べてくれる相手には、深く感謝を覚えるもの。今回は、あなたを助けてくれるキーパーソンが誰なのかがわかる心理テストを紹介します。

【質問】
 あなたは風邪をひいてしまい、病院に行きました。担当してくれたお医者さんは、どのような人でしょう?

A:無口だけど腕が立つ医者
B:キレイな女医さん
C:若くてはつらつとした医者
D:クールで知的な専門医

 あなたはどれを選びましたか? さっそく結果を見てみましょう。

【診断できること】
「あなたを助けてくれるキーパーソン」
 深層心理において、医者はあなたの心に潜む不安感や、誰かにすがりたいという思いをなぐさめてくれる相手を意味します。そのため、どんな医者を選んだかにより、あなたのキーパーソンとなってくれる人物像がわかるのです。

■A:無口だけど腕が立つ医者……キーパーソンは「技術部門の同僚」
 あなたは、とにかく結果で勝負する人に信頼を置いているでしょう。少し不器用なところがあるあなたですが、時間をかけて人間関係を円滑にしていけるはず。そんなあなたのキーパーソンは、細やかな技術部門の同僚。どこか観察されているような気分になりそうですが、あなたのつけ入れられやすいところをしっかりフォローし、本音で語り合える相手です。

■B:キレイな女医さん……キーパーソンは「美人の先輩」
 あなたはセンスがよく、美しいものを好む人。争いごとが嫌いなので、人間関係の対立に辟易してしまうことも。そんなあなたのキーパーソンは、平和主義なあなたの繊細さをわかってくれる美人の先輩です。世間の評判に敏感な彼女は、あなたのことをよくわかってくれる貴重な存在。誰にでも優しく八方美人な面もありますが、肩肘張らず付き合える存在でしょう。

■C:若くてはつらつとした医者……キーパーソンは「元気な後輩」
 あなたは、ちょっと荒削りでも、エネルギーにあふれた人のほうが仕事がやりやすいと思っているタイプ。そんなあなたにのキーパーソンは、突貫力のあるちょっとオラオラな後輩です。困ったことがあったらすぐに駆けつけてくれて、まるでやんちゃな弟のように守ってくれるでしょう。ちょっとウザイところがあるのがたまにキズですが、あなたにとっては頼れる存在で、元気をもらえる相手です。

■D:クールで知的な専門医……キーパーソンは「頭のいい上司」
 あなたは、あまり要領がよくないタイプ。そのため、知的で器用な相手に憧れを感じやすいでしょう。そんなあなたのキーパーソンは、仕事をしやすいようコーディネートしてくれる頭のいい上司。相手の意向を汲み、職務内容をちゃんとルール化してくれるため、いつもの力を発揮できるはず。ややおもしろみに欠けるかもしれませんが、あなたにはとても頼りになる相手でしょう。

 毎日仕事をしていると、困ったことや泣きたくなることもたくさんありますよね。そんなとき、あなたのことを心の底から励ましてくれる人がいてくれたら、心強いもの。そんなあなたの救世主となってくれるキーパーソンを、ぜひ見つけてみてくださいね。
(脇田尚揮)