自由で豊かな「小さな暮らし」を自分に引き寄せるコツ #ルーミーの本棚

写真拡大

「自分にとっての最適な場所」はどこですか


私たち一人ひとりがこの問いに対する答えをとことん追求するためのヒントを発信し続けている、ウェブマガジン「未来住まい方会議」。

複数の拠点を行き来しながら生活する「多拠点居住」や、移動手段と住居が一体化した「モバイルハウス」、省スペースで効率のよい「スモールハウス」、まだ使えるものを補修して生まれ変わらせる「リノベーション」、自分が望む空間を自分でつくる「DIY」。

さまざまな事例を幅広く採り上げ、場所・時間・お金から解放される、新しい豊かさを提唱してきました。

YADOKARIによるミニマリストの本

YADOKARIの新刊書『未来住まい方会議』は、「住まい方の選択肢を増やす」をミッションに活動してきた「未来住まい方会議」のこれまでの軌跡や、その活動を通じて出会った人びとの声が、ぎゅっと詰まった本です。

ヒトの暮らしの原点ともいえる「自分の手に届く範囲の中にある、身の丈に合った暮らし方」を“小さな暮らし”と名付け、「未来住まい方会議」を主宰する1980年代生まれの二人の男性の視点やアクションを通じて、そんな暮らしの本質的な魅力から具体的なつくり方までを、リアルに綴っています。

小さな暮らしを引き寄せるには、既存の価値観を見直し、発想を転換してみる



YADOKARIによるミニマリストの本

小さな暮らしは、新しく、懐かしく、そして豊かだ。


“小さな暮らし”は、大量生産・大量消費の経済システムのもとで生まれ育ち、巨大かつ複雑な時代を歩んできた私たちにとって、親世代や祖父母から伝え聞いた懐かしさを覚える一方、もはや現代の日常生活とは、かけ離れています。

しかし、この本を読み進めるうちに、私がふと思い出したのは、スウェーデンのマルメや米国のポートランドなどで実際に出会った、街や自然と程よく近づき自分らしく楽しみながら暮らす人々のこと。

これらの都市だけが特別というわけではなく、どこで暮らそうとも、既存の価値観を見直し、発想を転換することで、“小さな暮らし”を自分に引き寄せることができるのではないかと、改めて気づかされました。

まずは、自分が本当に求める暮らしの理想像を知ること



YADOKARIによるミニマリストの本

そのための第一歩は、「自分で考え、自分で選ぶ」こと。

「どんな暮らしをしたいのか?」を自身に問い、自分が本当に求める暮らしの理想像を描いたうえで、それを実現するためには、「どんな住まいやライフスタイルが適しているのか?」を考え、その手段として、具体的なモノやサービスを選び、組み合わせていくのです。

『未来住まい方会議』では、暮らし方の選択肢を増やすための具体的な取り組みとして、独自のスモールハウス開発プロジェクト「INSPIRATION by YADOKARI」のエピソードが紹介されています。

「これ、自分でできるかも!」と感じられることを増やす



YADOKARIによるミニマリストの本

また、この本では、リノベーションやDIYを通じて、「自分の頭で考え、からだを動かし、あるものを活かして、ないものを創り出す」という、クリエイティブな人々の姿も、数多く紹介されています。

初心者だと、つい尻込みしてしまいがちな分野ですが、「これ、自分でできるかも!」と感じられることを増やすことは、すなわち、自分の手の届く範囲を広げること。暮らし方の選択肢を増やし、その自由度を高めることにもつながります。

リノベーションやDIYを積極的に経験することもまた、“小さな暮らし"を自分に引き寄せるコツのひとつかもしれません。

自分の暮らしを自分の手でつくると、暮らしへの満足感につながる



実は、私も、この4年ほど、国内外をあちこち行き来しながら生活してきた、多拠点居住者のひとり。金銭的にも物量の面でも、けして多くは持っていないけれど、こじんまりと小回りの効くライフスタイルは、自分に合っているようで、基本的に気に入っています。

とりわけ、私にとっての多拠点居住の醍醐味は、見知らぬ地で、必要なものから少しづつ、自分の暮らしを自分の手でつくっていく、主体的で能動的なプロセス。

経験がない、わからないことだらけの状態から、何でも自分でやってみることで、自分のできることが増え、見える景色が広がっていく感覚が、暮らしへの満足感や幸福感につながっているような気がします。

とはいえ、私自身、まだまだ、試行錯誤しながら、自分らしい暮らし方を模索しているのが現状。『未来住まい方会議』で描かれている“小さな暮らし”は、私の“現在進行形の”暮らし方を客観的に見直す上でも、示唆に富み、様々な学びがありました。

シンプルな暮らし、ミニマルな住まいに関心のある方には、特におすすめの本です。

未来住まい方会議[三輪舎]
未来住まい方会議[Amazon.co.jp]