鈴木明子が語る2015−2016シーズン総括@男子編

 シーズンの最後を締めくくる世界選手権では、「絶対王者」の羽生結弦がハビエル・フェルナンデスの連覇を許し、シニア1年目の宇野昌磨は7位――。高得点が連発した今シーズンの男子フィギュア界を、プロフィギュアスケーターの鈴木明子氏はどう見たのか。

―― 2015年11月のグランプリシリーズNHK杯では、羽生選手が史上初の300点超え。さらに12月のグランプリファイナルでも330.43点をマークしましたが、3月の世界選手権ではライバルのハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)に大会2連覇を許してしまいました。

鈴木明子(以下:鈴木):羽生選手の「自分に求めるものの高さ」に気づかされたシーズンでした。オリンピックに勝っても、世界選手権やグランプリファイナルで金メダルを獲っても、満足することがありません。今後どれだけ伸びるか、私には想像がつかないほど。「まだまだ伸びしろがある」と思い知らされたシーズンでした。

 彼がひとつ上の次元に突入したことで、他の選手も高難度の技に挑むことになりました。羽生選手に勝つためには、そうせざるを得なかった。これまで以上にハイレベルな大会が続いたのは、そのためです。「羽生選手にひとり勝ちはさせない」と、他の選手が闘志を燃やしました。その一番手がハビエル選手です。

―― 世界選手権では、ショートプログラムで98.52、フリーで216.41を記録し、合計314.93で羽生選手を抑えて金メダルを獲得しました。

鈴木:ショートで羽生選手にリードを許し、「羽生が勝つだろう」という空気のなかで巻き返して連覇したハビエル選手は本当にすごかった。プログラムは彼にぴったり合っていて、完璧に自分のモノにしていますね。

―― シニア1年目、グランプリファイナル3位になった宇野選手は、世界選手権では思うような滑りができませんでした。

鈴木:でも、本人が一番、成長を実感したシーズンだったのではないでしょうか。初出場の世界選手権で、あれだけ存在感のある演技ができたことはもっと評価されていい。彼も羽生選手と同様、自分に厳しい選手です。「あんなに練習したのに、いい演技ができなかった」という悔しさがあるようですが、それは、そう言い切れるだけの練習を積んでいるという証拠。現在の自分のポジションを理解していて、「完璧な演技をしても勝てないのに、ミスしてどうするんだ!」という怒りがあったのだと思います。その怒りは、彼の今後のさらなる成長につながるはずです。

―― 今回の日本人男子選手の出場枠は「2」でしたが、羽生選手と宇野選手のがんばりによって、次回の出場枠は「3」になりました。

鈴木:3人の日本人選手が出場できることの意味は大きいですね。2018年2月の平昌オリンピックまで2年を切りましたが、そこに選手たちは照準を合わせています。

―― 鈴木さんが注目している選手は誰でしょうか。

鈴木:無良崇人選手です。彼は2017−2018シーズンを見据えて、自身のスケートを作り変えているところ。今季は目立った成績を残せませんでしたが、目の前の結果よりも、その先にある大きなものを得るために試行錯誤を続けています。来シーズンにはその成果が出るのではないかと、私は思っています。

 中性的な魅力を持つ選手が多いなかで、無良選手は異彩を放っています。ワイルドで、大人の色気を持つスケーター。もともとジャンプには定評があり、トリプリアクセルは世界中でお手本にされるくらい、高い技術を持っています。彼がどんな変身を見せるのか、楽しみにしています。

 もうひとりは、16歳の山本草太選手。今シーズンはケガのために満足な滑りができませんでしたが、彼の特長はスケートがスーッと伸びるところ。力が入っていないのに、スピードがあります。自動車でいえば(ハイブリッドの)「プリウス」のような感じ。今シーズン、悔しい思いをした分、来シーズンはやってくれるでしょう。

―― 2011年・世界選手権銀メダリストの小塚崇彦さんが今シーズン限りで引退しました。鈴木さんとともにバンクーバーオリンピックに出場したメンバーです。

鈴木:本当にスケーティングのうまい選手で、すべてのスケーターにとって憧れの存在でした。ジャンプばかり注目されることが多い近年ですが、大切なのは「スケーティング」です。そのことを教えてくれる選手でした。彼の姿が氷の上から消えることはとても残念ですが、彼の滑りのよさを日本人選手が受け継いでくれればいいなと思っています。

(女子編に続く)

【profile】
鈴木明子(すずき・あきこ)
1985年3月28日生まれ、愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、15歳で全日本選手権4位に入賞し注目を集める。10代後半に体調を崩し大会に出られない時期もあったが、2004年に復帰。2010年バンクーバーオリンピック代表の座を獲得し、8位に入賞した。2012年世界選手権銅メダル。2013−2014シーズンの全日本選手権では、会心の演技で13回目の出場にして初優勝。2014年ソチオリンピックでは、同大会から正式種目となった団体戦に日本のキャプテンとして出場し5位入賞、個人戦では8位入賞を果たす。2014年の世界選手権出場を最後に、競技生活からの現役引退を発表した。引退後はプロフィギュアスケーター、振付師、解説者として活動の幅をさらに広げている。2015年12月、選手たちの心理戦から演技の舞台裏を描いた『プロのフィギュア観戦術』(PHP新書)を上梓した。

元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro