19日、中国福建省福州市で、路線バスがバス停に約1秒しか停車しなかったことに腹を立てた80代とみられる高齢者が、バス停の表示板に「運転手の一生が不幸続きでありますように」などと記した紙を貼り付け、物議を醸している。

写真拡大

2016年4月19日、中国福建省福州市で、路線バスがバス停に約1秒しか停車しなかったことに腹を立てた80代とみられる高齢者が、バス停の表示板に「運転手の一生が不幸続きでありますように」などと記した紙を貼り付け、物議を醸している。福州新聞網が伝えた。

記事によると、市民の一部には同情の声もあるが、「このようなやり方は非道徳的だし、都市の景観も損ねる。不満があるのならバス会社に訴えればいい」などと拒否反応も多いという。バス会社は、問題の路線で運転手による乗客無視が実際にあったことを認めた上で、運転手を処分すると明らかにした。(翻訳・編集/柳川)