写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMP、SAPジャパン、凸版印刷の3社は4月20日、物流支援ロボットおよびIoT(Internet of Things)技術を使った業務効率化ソリューションの提供を共同で推進していくことで合意したことを発表した。

3社による連携の第一弾として、ZMPが製造・販売する物流支援ロボット「CarriRo」に凸版印刷のRFIDシステムを搭載し、SAPの基幹業務システムと連携させることで、在庫管理・工程管理における業務を効率化するソリューションの提供を推進する。

具体的には、追従機能などが可能な台車型ロボット「CarriRo」にRFID読取装置を搭載し、さまざまなセンサーを通じて取得するデータを、基幹業務システムのSAP ERPおよびインメモリープラットフォームのSAP HANAとリアルタイムに連携させることにより、複数の在庫やアイテムの入出荷・検品作業を一括で行うことができる。

提供するソリューションの例として、一括ピッキングでは作業者は後ろから追従するCarriRoの荷台かごにアイテムを入れるだけで、一括で検品まで終了することが可能になる。

また、CarriRoが受注伝票の情報を読み取り、そのアイテムの場所まで作業員を誘導することが可能なほか、CarriRoが自動で倉庫や物流センターの中を移動しながら人手をかけずに在庫棚卸しを行うことができる。

さらに、CarriRoのさまざまなセンサーを通じて得られる作業者の移動距離、経路、稼働時間等のデータと在庫・ロケーション情報を組み合わせ、リアルタイムに分析することにより、現場の業務効率改善やレイアウト変更のために必要な情報を得ることが可能になるとしている。

3社では、2016年中に複数の企業に実証実験を通じこれらのソリューションの提供開始を予定している。

(辻)