大型連休でもあるゴールデンウィーク。ゴールデンウィークだからこそ、クルマを使って出掛けたいですよね。

今回は四国地方にスポットをあててみます。4つの県しかないため、それぞれの県の名所スポットを紹介。

■地中美術館

場所は香川県直島町です。建物自体は地下にあり、まさに名前の通りの美術館です。地下にありながらも自然光が当たる設計となっており、その光の具合によって作品の見えかたが変わるほど。展示されているアーティストはわずか3人。ですが、独特な館内の造りと幻想的な雰囲気が話題を呼び、今では外国人観光客も訪れるほどの美術館です。

■眉山

場所は徳島県徳島市です。どの方向から見ても眉の姿に見えるというのが山の名前の由来。眉山は登ることもでき、山頂からの景色は絶景そのもの。なかでも夜景は”日本の夜景100選”に選ばれているほどの美しさを誇っており、四国一と言われているほどです。その光景は一見の価値あり。クルマで山頂まで行けますが、ロープウェイもオススメ。2007年公開の映画”眉山-びざん-“はこの眉山から取ったものであり、徳島県内で撮影が行われました。

■道後温泉

道後温泉とは、愛媛松山市で湧く温泉のことを指します。なかでも、道後温泉本館はあの有名な夏目漱石の小説”坊ちゃん”に登場しました。日本の和を感じさせてくれる造りはとても魅力的。愛媛県を訪れた際にはぜひとも道後温泉で旅の疲れを癒したいところです。

■桂浜

場所は高知県高知市になります。浦戸湾口、龍頭岬と龍王岬の間にある海岸です。高知県を代表する景勝地でもあり、その証拠に松の緑と海岸の海と砂浜がとてもよく合う風景となっています。龍頭岬には高知県出身の偉人でもある”坂本龍馬像”があることでも有名。月の名所としても知られており、夜に訪れるのもオススメな場所です。

4つの県しかない小さな地方ですが、魅力はいっぱいあります。

(鈴木 唯)

4つの県を回っちゃおう!ゴールデンウィークだからこそ回れる四国のオススメ名所(http://clicccar.com/2016/04/21/366627/)