20日、フェイ・ウォンの長女で歌手のリア・ドウが、義父になるかもしれない俳優ニコラス・ツェーについて、「あまりよく知らない」と語っている。写真はリア・ドウ。

写真拡大

2016年4月20日、フェイ・ウォン(王菲)の長女で歌手のリア・ドウ(竇靖童)が、義父になるかもしれない俳優ニコラス・ツェー(謝霆鋒)について、「あまりよく知らない」と語っている。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

歌姫フェイ・ウォンと中国のカリスマミュージシャン、ドウ・ウェイ(竇唯)との間に生まれたのが19歳のリア・ドウ。昨年デビューし、今月22日に全曲英語のファーストアルバム「Stone Cafe」をリリースする。

このほどアルバムPRのため香港入りしたリア・ドウが、母親フェイ・ウォンについて語った。フェイ・ウォンはドウ・ウェイ、俳優リー・ヤーポン(李亜鵬)との2回の離婚を経験し、現在はかつて恋人だった俳優ニコラス・ツェーと再び交際中。だが、いずれ義父になるかもしれないニコラス・ツェーについて聞かれたリア・ドウは、「あまりよく知らない」と語っている。

歌手活動もしているニコラス・ツェーだが、そのステージさえ見たことがないという。2人の音楽性はマッチするのか聞かれると、「分からない。彼の音楽を聴いたことがないから」と、笑顔で答えた。

とは言え、母親と新たな恋人の交際に、反感を持っているわけではない様子だ。2回の離婚を経験したフェイ・ウォンのこれまでの恋愛について、「悲しみと幸せのどちらがより大きい?」と聞かれると、「これはママだけでなく、その2つは恋愛中の誰もが経験するもの。一番大切なのは楽しくあること。それが幸せなんだと思う。うちのママはいつも楽しそう」と回答。リア・ドウの目に映るフェイ・ウォンは、現在の恋愛において幸せを味わっている様子だ。(翻訳・編集/Mathilda)