「タイ・フェスティバル2015」の様子」(C)モデルプレス

写真拡大

【タイ・フェスティバル/女子旅プレス】2016年5月14日(土)〜15日(日)、東京・代々木公園で今年17回目を迎える「タイ・フェスティバル 2016」が開催される。同フェスは、元々タイ王国大使館主催の「タイ・フード・フェスティバル」を原型として始まったイベントで、タイ料理、タイの物産を始めとする、タイ文化、タイの魅力を広く伝えることを目的としている。

【さらに写真を見る】「タイ・フェスティバル 2015」の会場風景/タイ料理屋台で出来たてタイ料理の数々に舌鼓

◆毎年盛況のタイ料理屋台でお腹いっぱいに


毎年最も賑わいを見せるブースエリアに今年は、レストランブース71店舗、生鮮果物ブース・生鮮果実飲料ブース10店舗、物産等ブース44店舗、ドリンクブース9店舗が出展を予定。

特に注目度の高いタイ料理屋台には、老舗タイ料理店「エラワン」をはじめ、「マンゴーツリー」、「バンコクキッチン」などの高級タイ料理店や、“ピンクのカオマンガイ”でおなじみの「ガイトーン東京」、初出店の「バーン・チャーン」などがラインナップ。

会場中央のステージで行われるタイ伝統音楽やタイ伝統舞踊のパフォーマンスが、会場全体のお祭り気分を盛り上げてくれる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■第17回タイ・フェスティバル2016


開催日時:2016年5月14日(土)〜15日(日)
住所:東京都渋谷区代々木神園町2-1代々木公園イベント広場及びケヤキ並木