【注意喚起】マネしちゃダメ! ライターに向かってスプレーし炎を大きくする「Fire Spray Challenge」が10代インスタグラマーの間で流行中

写真拡大

若いときって、 “危険なこと” に惹かれてしまうもの。多感な10代ともなれば、その傾向はますます強くなります。

それはわかってる、だけど……これは絶対の絶対に、マネしちゃいけないやつー!

現在思春期真っただ中、10代のインスタグラマーを中心に流行しているのが、「ファイヤー・スプレー・チャレンジ(Fire Spray Challenge)」です。

【火元にスプレーを吹きかける→ 炎が大きくなる】

火を点けたライターやマッチなどに向かってスプレーをシューッ、炎をさらに燃え上がらせるチャレンジとのことですが、いやいやそんなもんにチャレンジすんなよー! っていうかなんでみんな、家の中でそれをやるの!?

【みんな、よく考えよ?】

火傷したら一大事ですし、これが原因で火事になってしまったらもう、自分だけの問題では済まない。しかしこれも若気の至りなのでしょうか、そういった心配よりも好奇心のほうが勝ってしまうようです。

【おバカにしか見えない……】

大人としては全く理解できないこの危険行為はどんどん広がりをみせているようで、ハッシュタグ「#FireSprayChallenge」で検索すると、 “チャレンジ” している若者がたっくさん!

中には小学生くらいに見える子もいたりして、見ていてヒヤヒヤしちゃう。おそらくこれがカッコいいことだと思っているのでしょうが、いや、全然カッコよくないから! むしろ、おバカさんに見えるからね!? もし誘われたとしても、断る勇気を持ちましょう!

【なぜ流行しているのか理解不能】

こういった行為がエスカレートしていくと、街中やイベント会場などでも “チャレンジ” しようとするおバカが出てくるんじゃないかと、不安になってしまいます。

嬉々として危険なことをし、その様子をとらえた動画を上げる。それ自体がとても恥ずかしいことだということに、1日でも早く気づいてほしいわ……。

参照元:Instagram / #FireSprayChallenge
執筆=田端あんじ (c)Pouch

インスタグラムをもっと見る