YouTubeが「360度ライヴストリーミング」に進出

写真拡大

YouTubeが、360度ライヴ動画のストリーミングサーヴィスを開始する。各社がVRのストリーミングサーヴィスに力を入れるなか、YouTubeは手軽さと知名度で勝負するつもりだ。

「YouTubeが「360度ライヴストリーミング」に進出」の写真・リンク付きの記事はこちら

NextVR社などいくつかの会社が、ヴァーチャルリアリティ(VR)のライヴコンテンツをストリーミングする方法を開発しているが、いずれも複雑で扱いづらく、完成度がかなり悪い。そこでYouTubeの登場だ。YouTubeは、360度動画をライヴストリーミングできるようにするつもりなのだ。

YouTubeは、適切なカメラと帯域幅があれば、毎秒60フレームの1,440pの動画をストリーミングできるようにするという。視聴には、スマートフォンかウェブブラウザがあればいい。YouTubeはまた、ユーザーの視点によって音響が変わる「3Dサウンド」への対応も開始しており、視聴体験に新たな次元が加わることだろう。3DサウンドはいまのところAndroidのみで体験可能だが、それ以外のデヴァイスにも対応していくという。

YouTubeは、カメラでVRをライヴストリーミングするのに必要なAPIを開放しており、すでにいくつかのカメラが対応している。対応カメラのなかでも感動的なのは、「Orah 4i」だ。Orah 4iはVideoStitch社が開発した小型軽量カメラで、4Kで撮影とストリーミングができる。同社のソフトウェア「Vahana VR」とYouTubeを連携させることで、3,600ドルという“低価格”で、360度のライヴストリーミングが可能になる。

一方、それほど資金がなくパトロンもいないという人は、IC Real Tech社による500ドルのカメラ「ALLie」のほうが好みかもしれない。ALLieは野球ボールほどの大きさをしたホームセキュリティー用のカメラだが、「装着できるアクションカメラ」というもうひとつの使い道があるのだ。

YouTubeは、4月22〜24日にカリフォルニア州で開催される野外音楽フェス「コーチェラ・フェスティヴァル」で、360度ライヴストリーミングの最初の公開テストを実施する。YouTubeはまた、クリエイターたちが利用できる世界各地の撮影スペース「YouTube Space」でも、360度ストリーミングに必要なあらゆるものを拡充していくという。

なお、VRのストリーミングについては各社が体制を整えている。フェイスブックは、カメラやアプリからOculus Riftまで、この分野に必要なピースを揃えている。またトゥイッチもVRアプリをもち、VRコンテンツに対応している。(ライヴストリーミングのアプリを手がける)Periscopeも、VRに関する何かを進めていると考えてほぼ間違いないだろう。

だが、なんといってもYouTubeには大きな利点がある。動画を観るために、誰もがYouTubeを使っているということだ。