男性の不妊治療の啓発を目的に、手軽なセルフチェックで精子の濃度と運動率がわかるサービスを開発

写真拡大

リクルートライフスタイルは、スマホで精子の濃度と運動率が簡単に測れるサービス「Seem(シーム)」の提供を開始することを発表した。

同社は男性不妊専門医の監修の下、臨床試験を実施。サービスの提供にあたってまずは4月末からの期間限定で、東京都内・近郊の一部クリニック、薬局にてセルフチェック用のキット一式をテスト販売する。また、利用にあたっては専用のiPhoneアプリをダウンロードする必要がある。(アプリは無料、Androidやその他OSは未対応)なお、個人情報の登録などは不要。


キットにはスマートフォン顕微鏡レンズ、精液採取用カップ、採取棒が含まれ、手順に従って採取した精子を専用アプリ「Seem」によって動画撮影することで、プログラムで自動解析され、精子の濃度と運動率が表示されるという。

同社は本サービスを通じて、「妊活や不妊治療は初めからカップルで一緒に取り組むべき課題であり、男性の医療機関受診のきっかけをつくり、男性の妊活・不妊治療に対する意識や行動変化の実現を目指していく」という。

なお「Seem」は医療機器ではなく簡易チェックツールであり、測定結果は医療機関の診断に代わるものではなく、また確定的な診断を行うものではないことも合わせて言及している。