20日、韓国・ソウル市が4カ月をかけて幹線道路の地下の状況を調べたところ、105もの空洞が見つかった。写真はソウル。

写真拡大

2016年4月20日、韓国・ニュース1などによると、韓国・ソウル市が4カ月をかけて幹線道路の地下の状況を調べたところ、105もの空洞が見つかった。

市は昨年12月から、陥没の確率が高いとみられる主要な幹線道路48キロ区間について、地中の状況調査技術を擁する日本企業と協力し、空洞の調査を行ってきた。結果、105カ所の空洞が見つかり、そのほとんどは老朽化した下水管の周りに集中していた。このため市は、梅雨が始まる前までに該当区間の下水管を整備するとともに、18年までに2000億ウォン(約190億円)余りを投じ、設置から50年以上の下水管932キロのうち437キロを改良する計画だ。

聯合ニュースによると、ソウルで昨年起こった道路の陥没は56件。昨年2月、龍山駅前での道路陥没に市民2人が巻き込まれたほか、先月28日には地下鉄駅の出口付近で陥没直前の空洞が見つかり、緊急復旧作業が行われるなどしている。

これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「見つかってよかった。分からなければ梅雨の季節に大変なことになっていたはず」
「あらかじめ備えて直しておくんだね!いい姿勢だ」
「きちんと点検してくれていることは認めよう」
「手抜き工事のせいでしょ。見なくても分かる」

「この予算は惜しくない。技術も身に付けられるしね。担当の公務員を報奨してあげて」
「事が起こる前に備えるのはいいこと。早く国産の技術でできるよう応援している」
「高速道路にも空洞があるよ。そっちも直して」
「歩道もよろしくね」

「ところで、その幹線道路がどこなのかは書いてくれないのか?」
「こういう見えない努力があるからこそ、前任や前々任の市長の時より事件が減っているんだろう。(現職の)朴元淳(パク・ウォンスン)市長がよく働いているという証拠」
「北が南に攻め入るための地下トンネルかも」(翻訳・編集/吉金)