画像

写真拡大

 総合人材サービスを提供するパソナは、Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォームを導入した。今回の導入では、名刺管理サービス「Sansan」と連携した顧客情報の一元管理とパーソナライズメールなどの施策が行える環境を実現する。

 総合人材サービスを提供するパソナは、Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォーム(以下、Marketo)を導入した。Marketoを導入した新システムは2016年4月より稼働開始している。

 パソナでは、幅広い業種・業態の顧客との関係を有しており、営業担当者によるきめ細かな対面での接触に強みを持つ。今回の導入ではMarketoと名刺管理サービス「Sansan」を連携して顧客情報を一元管理し、パーソナライズドメールなどの手段を駆使した高度なマーケティングを実現。

 これにより、有益な情報提供等を行い、顧客サービスの更なる価値向上を図り、マーケティング活動のカバー範囲を拡大する狙いだ。

MarkeZine編集部[著]