医師が教える「ニオイの原因」最もケアすべきは衣服と判明

写真拡大

正直申し訳ないと思いつつも、ママ友と会っていて「このひとクサイ……」って感じたことはありませんか?

小学館が運営する『女性インサイト研究所』が219名に実施した調査によれば、他人の女性を「クサイな……」と感じたことのあるひとは、驚きの91.8%にも達するそう……!

ニオイって、自分のニオイには鈍感になりがちで、むしろ他人のニオイに対しての方が敏感だったりもしますよね?

もしも、いつも会っているママ友から「彼女、この前すごくクサかったぁ……!」って思われていたら、残念すぎますよね?

今回は、時短美容家の筆者が“他人が密かにイヤがっている女性の不快なニオイ”について、衝撃的な実情をお伝えしていきます。

 

■1:からだ全体から不快臭が!?

「他人のニオイをクサイと思ったことがあるか?」と聞いたところ、男性に対しては98.2%、女性に対しても91.8%のひとが「クサイと思ったことがある」と回答しました。

そこで、具体的にどんなニオイが気になったのかを調査してみると、「からだ全体」がもっとも多く114票、次いで「口」が103票、「服」が78票という結果に。

意外な事に、口臭や服についた不快なニオイよりも、からだ全体からのニオイを不快に感じる女性がダントツに多いようなんです!

では、いったいどんなシーンで“不快なニオイ”を感じているのでしょうか?

 

■2:密室で不快なニオイに遭遇するひとが多数

そこで、「具体的にどんな場所で女性をクサイと思ったのか」を質問してみると、結果は次のようになりました。

3位:エレベーター・・・ 86票

2位:職場・・・ 99票

1位:電車・バスなど交通機関・・・114票

エレベーターや交通機関の車内など、密室になる場所で「このひとクサイ……」って思われるリスクが高まっているようです。

ニオイってこもりますし、自分が好まないニオイを漂わせている女性に対しては、苛立ちを感じるひとも少なくなさそう。

逃げ場がナイ状態で、不快なニオイに耐えなくてはならないのってストレスですよね。でも、自分が誰かに対して“不快なニオイ”を発しているとしたら……、ゾッとしませんか!?

からだ全体からのニオイということは、体臭や汗が混ざり合っているニオイもありますから、他人事ではなさそうです。

 

■3:医師秘伝! ニオイケアは衣服がカギ

医学博士の五味常明先生は、同調査のなかで「においのケアをするときに、もっとも気をつけるべきは、実は“衣服”」だと述べています。

体のニオイはもちろん、タバコや焼肉のにおいなどもキャッチするので、まるで“ニオイの収集器”のようになっている実情もあるのだとか。

また、ニオイは発散されている状態よりも、何かに付着した状態のほうが感じやすいものなのだそう。洋服に体臭や汗、焼肉やタバコ臭などが付着していたら、周囲にかなりの迷惑をかけているのかもしれません。

 

■4:自分のニオイに気づきにくい理由

でも、周囲に不快に思われるニオイを出していても、自分では気づきにくいのはなぜなのでしょうか?

同調査によると、“嗅覚の順応”または“嗅覚の疲労”と言われる現象が起きているせいなのだとか。

“嗅覚の疲労”とは、同じにおいを嗅いでいると、だんだんそのニオイに慣れて自分自身では気づきにくくなることを指す言葉だそうです。

他人のニオイは敏感に感じるのに、当の本人がそれに気づかないのはこれが原因になっていることも多い様子です。

自分で気づきにくくなっているだけに、ケアは怠りたくないですよね。

 

■5:いますぐできるニオイ対策ケア2つ

では、他人に不快なニオイを巻き散らさないためには、どんな工夫が功を奏すのでしょうか。

同調査によれば、次の2つの方法が効果的なのだそう。

(1)足のにおいには“5本指ソックス”

夏は足も汗をかきますし、イヤ〜なニオイが強くなることも。でも、5本指ソックスや5本指ストッキングはムレにくいので、ニオイを軽減してくれる作用があるようです。

5本指ソックスは知っていても、5本指のストッキングは知らなかった女性もいるかもしれません。ネットで簡単に手に入るので、足のニオイが気になるかたは、本格的に暑くなる前に準備しておくといいでしょう。

(2)除菌効果もある消臭剤

イヤ〜なニオイの原因は、菌が繁殖しているせいかもしれません。

ですから、洋服に消臭剤をスプレーしただけではニオイの原因にアプローチできていないことも。ニオイを元から除去するためには、除菌効果のあるスプレーを使うのがオススメです。

衣服用のスプレーはもちろんですが、調理器具用の除菌スプレーで代用することも可能です。

口に入っても安全なスプレーをチョイスすれば、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心してスプレーできますよね。

 

いかがですか?

自分では気づかないうちに、周囲に悪臭を漂わせていたとしたらゾッとしますよね。

これからニオイが気になる季節ですし、ぜひいまのうちから対策を心がけてみてはいかがでしょうか。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ ウゲッ…「臭いが気になる瞬間」2位会話中よりキツい1位ってどんな時?

※ 2位美的センスの有無「メイク上手とヘタっぴ女子」の境界線…1位は?

※ 既婚男性が告白「レスの原因」になる妻の言動、2位ヒステリックを超える1位は?

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 部屋干しが辛い!プロが語る主婦のお悩み「洗濯物の生乾き臭」の意外な原因

※ 杉本彩の美肌の秘訣!「毛穴の黒ずみが消える」と話題のすごいクレンジング

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

 

【姉妹サイト】

※ 効き目は折り紙付き!オンナを変える「ピラティス」の効能3つ

※ 一生お前だけ!男が「離婚したくなる妻vs手放したくない妻」の差とは

 

【参考】

※ 全国の働く女性に聞いた<ニオイ>についての意識調査 - 女性インサイト研究所

 

【画像】

※ pathdoc / Shutterstock