第一印象の良し悪しを劇的に変える「産毛の正しいケア」4ステップ

写真拡大

夫やママ友から、少しでも美しく見られたい女性は少なくないのではないでしょうか?

女たるもの、実年齢より若く見てほしいし、実力以上にキレイな女性という印象を与えることができたら嬉しくなっちゃいますよね。

この度、リヴォーンが800名に実施した調査によって、 “産毛”によって他人に与える印象が大きく異なるという衝撃的な実態が明らかになりました。

あなたは、顔やうなじの産毛を定期的に処理していますか?

今回は、同調査をもとに“産毛”と“美しさ”の衝撃的な関係を時短美容家の筆者がお伝えしましょう。

 

■処理しただけで71.4%が「明るい印象になった」と回答

同調査で、2パターンの写真を見せて印象を聞いたところ、同一人物にもかかわらず産毛の有無だけで大きな違いが生じる実態が明らかに。

下の写真のうち、右の写真は産毛の処理(施術)をしたあとのもの、左の写真は処理をする前のもの。

この2つの「顔全体の写真を見て感じた印象の違いはなに?」と聞いてみると、処理をする前の左に比べて、右の写真の方が「明るい印象になった」と答えたひとが71.4%で圧倒的に多く、次いで「より元気そうに見える」が49.4%と続きました。

産毛の処理をしただけなのに、他人に与える印象が大きく異なるなんて、オドロキですよね。

 

■2人に1人は「プロがメイクした?」とカン違い

また、「左右の写真の違いはなにをしたせいだと思う?」と聞いてみると、もっとも多かったのは46.0%が選んだ「プロによるメイク」だったんです!

産毛をケアしただけなのに、“プロのメイクをしている”とまで誤解されちゃうなんて、産毛と美には深〜い関係がありそうですよね。

でも、「産毛のケアなんて結婚式以来1回もしていない!」という女性もいるのではないでしょうか。

 

■セルフでできる“正しい産毛ケア”の4ステップ

産毛のケアをしようと思うと肌を痛めてしまったり、毛が濃くなったりしてしまうのではないかと不安を抱くひともいますよね。

でも、正しいケアを意識すれば安心です。産毛を綺麗に処理し、かつ肌を傷めないように剃るときには、次のようなポイントを意識してみてください。

(1)普通のカミソリは使わない

カミソリで産毛を処理しようとすると、力加減や角度によって肌を傷つけてしまうこともあるので要注意。

普通のカミソリではなく、フェイス用のカミソリを使うのがベターです。

(2)ケアする前に乳液やクリームで滑りをよくする

顔の産毛をスムーズにケアするために、乳液やクリームを顔に塗ってからケアをしましょう。

何もつけずにカミソリを使用すると、滑りが悪く肌を傷つけてしまうことも。乳液やクリームなど、クリーミーな質感のコスメをたっぷりつけてからケアしたほうが安心です。

(3)毛の流れに逆らってカミソリを使わない

肌を傷つけずに美しく剃るコツは、毛の流れに沿ってカミソリを当てること。

こうすることで、生えてきた産毛の断面を斜めにでき、「毛が濃くなった」と感じる仕上がりを防ぐことができるんです!

流れに沿ったほうが深ぞりできるのですが、次に生えてきた毛の断面が大きくなり濃くなったように目立つのでオススメできません。

(4) 洗顔後は必ず保湿を

産毛を剃った後の肌は、乾燥しやすくなる傾向があるので、乳液やクリームでたっぷりと保湿してあげてください。

カミソリ負けした肌をケアする意味もあるので、ケア後にそのまま放置すると肌荒れを招くことも。

いつもよりも多めにコスメを使って、しっかりと保湿しましょう。

 

いかがですか? 産毛の有無で美しさにも影響が出るなんて、オドロキですよね。

定期的なケアをしていなかったかたは、ぜひ今日からセルフで手軽な産毛処理をしてみてはいかがでしょうか。カンタンにできるのに、美しくなれるなんて、夫もきっと喜んでくれそうですよね!

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ みんなが「美容目的で食べている食品」3位グラノーラ、2位納豆を上回る人気の1位は

※ 入浴中からアレ塗って!時短ヘアケアのテクニック3つ

※ あなたの健康寿命を縮めちゃう原因、1位「趣味が無い」2位は●●しない

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ え、美肌効果も!? 美容家に聞く自宅での「ムダ毛処理」のコツは〇〇

※ 紫外線ケアだけじゃダメ!? 夏終わりの「肌年齢を左右する」原因は〇〇にあった

※ 周りの視線が痛い…アラフォーママが「薄毛を実感するシーン」3つ

 

【姉妹サイト】

※ 中国4千年の歴史!働く女性のあの悩みにテキメン「中国茶」3つ

※ ナベツネも頬ずり…大物政治家がメロメロになった伝説の子猫ちゃん

 

【参考】

※ うぶ毛そりに関する意識調査 - リヴォーン

 

【画像】

※  Valua Vitaly / Shutterstock