19日、韓国・仁川発フィリピン・マニラ行きの大韓航空機内で、乗務員を殴った20代の乗客が書類送検された。写真は大韓航空機。

写真拡大

2016年4月19日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・仁川発フィリピン・マニラ行きの大韓航空機内で、乗務員を殴った20代の乗客が書類送検された。

【その他の写真】

仁川空港警察隊は同日、機内で客室を担当する事務長をなぐった容疑(航空保安法違反)で29歳の男を書類送検した。警察によると、男は9日午後8時30分ごろ、離陸前の大韓航空機内で、持っていた携帯電話を事務長(45)の頭に振り下ろしけがをさせた疑いが持たれている。男はこの直前、女性乗務員が乗客の手荷物を棚に載せる際に自分の頭に当てたとして腹を立て、「同じように乗務員を殴ってやる」と騒いだという。事務長は女性乗務員をかばい、男に殴られた。

この騒動により、飛行機は1時間ほど遅れて離陸した。警察は「被害者の頭皮が少し切れた」としながらも、緊急逮捕の事案には当たらないとして男を帰宅させた後、改めて警察に呼び調べを進めていた。

この事件について、韓国のネットユーザーからは1000件を超えるコメントが寄せられている。

「心に問題があるんじゃないか?謝ってもらいさえすればいいものを、ずいぶん大変な生き方をしてるね」
「狂った人が多過ぎる」
「客のパワハラもここまで来たか」
「ナッツ航空(大韓航空を指す)の乗務員も大変だね」

「こんなに器の小さい男は見たことがない」
「怒りをコントロールできない障害だ」
「気持ちに余裕がないんだ。人間が一番怖い」
「異常な国では起こり得る正常な事件」

「次にこんな男が出たら飛行機から落としてやろう」
「どこの家の息子か調べて報道してくれ。父親がどんな男なのか余計に気になる」
「こんな人たちと同じ社会で共存するなんて息が詰まる」
「海外に追い出せ。韓国で生きるレベル以下の人間だ」(翻訳・編集/吉金)