これさえおさえておけば大丈夫!上司と盛り上がれるアニメ5選

写真拡大

『共通点』って、人と人との距離を一気に縮める、素晴らしいアイテムですよね。

でも、ゆとり世代同士ならともかく、ひとまわり以上年齢が離れている上司との共通点をすぐに見つけるのって難しいもの。

そこで今回は、飲み会で使える、『上司と盛り上がれるアニメ』を5つ紹介します。

■ジブリシリーズ


世代を越えて盛り上がれるアニメネタ、1つめはジブリシリーズ。今もなお、新しい作品が生まれていることから、「こないだ、◯◯の映画見に行ったんですよー」と言えば、「俺は、ジブリなら××が好きだな」と上司から話し出す傾向アリとのこと。

ちなみに男女問わず人気なのは、ナウシカとラピュタ。紅の豚に憧れている男性上司も多いようです。

ジブリネタで盛り上がったあとのカラオケは、ジブリ映画の主題歌オンパレードになることでしょう。

■ディズニーシリーズ


ジブリときたら、次はディズニー!子どもがいる上司なら、昔の作品より、最近の作品の方が詳しいことも。ジブリ同様ですが、カラオケで「ありの〜ままの〜♪」・・・みなさん、絶対に一度は経験していますよね?

また、映画に限らず、そのまま『ディズニーランド・シーに行った話』などに転換することもあり、かなり長い時間盛り上がれるとの声が。

■エヴァンゲリオン


ピンとくる人とこない人がいるからこそ、好き者同士だと盛り上がるのは、エヴァンゲリオン。テレビアニメ・漫画・映画でそれぞれ内容が違うので、どれが好きかなどと語らうのが楽しいみたいです。

映画の次回作、シン・エヴァンゲリオンの公開年月は未定ですが、それまでに見ておくと、公開決定のときに、話題に乗っかれるかも?

また、パチンコ・スロット趣味の上司だと、アニメ・漫画・映画は見たことなくても、歌だけは歌えたりします。

■ドラゴンボール


ゆとり男子から「アニメなら、ダントツだわ!」と言われたのは、ドラゴンボール。男子なら一度は、スーパーサイヤ人になる練習や、かめはめ波の打ち方練習をしたことがあるのでは?

「なるほどー。私、ドラゴンボールよく知らないんだよね」と言ったら、熱い語らいが始まったりするので、詳しくないというゆとり女子は、「どんなところが面白いんですか?」で、上司の心を掴めると思います。

もしかしたら、感化されてハマってしまうかもしれませんよ!

■ワンピース


最後は、ワンピース!この作品は、ゆとり第一世代が小学校4年生のときに始まっていて、当時からずっとファンだというゆとり世代も多いはず。

読んだことのなかった上司に漫画を貸したら、上司の方がハマってしまって、「今月は、ワンピースの発売があるな!」と話しかけられた、なんてエピソードも聞けました。

こんな風に上手に共通点を見つけて、上司と仲良くなりましょう。仲良くなれば、より相手を好きになり、仕事もやりやすくなると思いますよ。