カジツクラブ(スムージー・フルーツ&フローズンヨーグルト)/画像提供:パルコ

写真拡大

【女子旅プレス】札幌パルコでは、新たなグルメスペース「FOODIES MARKET(フーディーズマーケット)」が2016年4月22日(金)にオープン。札幌屈指の有名スープカレーや、千歳の本格イタリアンジェラートまで、北海道を代表する食の専門店10店舗が集結し、道産食材を使ったオリジナルメニューを展開する。

【さらに写真を見る】札幌パルコの新たなグルメスペース「FOODIES MARKET」で味わえる、道産食材を使ったオリジナルフード

「FOODIES MARKET」は、昨年秋に実施したリニューアル第1弾で先行オープンした4店舗に続き、リニューアル第2弾として新たに北海道内の飲食店10店舗が集合し、道内の食のトレンドの発信拠点としてオープンするグルメスペース。

◆カジツクラブ(スムージー・フルーツ&フローズンヨーグルト)


札幌市西区で親子三代続く青果店が開いた北海道産フルーツ&フローズンヨーグルトの店。

好みのフレッシュフルーツを自家製のフローズンヨーグルトと一緒に楽しめるだけでなく、厳選フルーツと北海道産ミルクを使用したスムージーも用意する。

◆ジェラテリアミルティーロ(ジェラート)


自然のままの味わいを活かし、保存料・着色料・香料などを使わない、甘さを控えめのさっぱりと体に優しいジェラートを提供。

自社栽培のオーガニックブルーベリーのジェラートは格別な味わいだ。

◆チャイスタンドチャイコ(チャイ専門店)


チャイ専門店「チャイスタンド チャイコ」では、スパイスと茶葉と北海道の牛乳で作る香り豊かな一杯を提供する。

◆クランチーナッツルーム(クラフトビール・クランチーナッツ)


食感が楽しいオリジナルの「クランチーナッツ」のほか、クラフトビール・ハードサイダー・北海道産フルーツ100%の果汁を使った自家製ノンアルコールサイダーも楽しめる。

◆ガラクパン(カレーパン)


北海道産小麦の「キタノカオリ」を使用した極上のパン生地に、コクのある濃厚なドライキーマを挟み、秘伝のスパイスと和風だしをきかせた新スタイルのカレーパンを味わえる。

◆ソルトモデラートガーリックシュリンプ(ガーリックシュリンプ・レモネード)


「ハレイワガーリックシュリンプ」の専門店。北海道産のバターと優良米を使用したガーリックシュリンプに、たっぷりの完熟アボカドを加え、オリジナルソースで仕上げた“アボカドレモンバター”はここでしか味わえない一品。

◆ノースコンチネントホットドッグスタンド(ホットドッグ)


札幌市内に2店舗を展開する道産ハンバーグ専門店「ノースコンチネント」が、自家製ソーセージとベーコンなどを、いももちをベースにしたモチモチ食感のパンで挟んでホットドッグに。いつものホットドッグとは少し違う北海道らしい味わいだ。

◆山猫バルサンドウィッチーズ(バゲット料理)


札幌時計台の裏にある食いしん坊の多い料理店「山猫バル」がプロデュースする、「世界のサンドウィッチを札幌PARCOで。」がコンセプトの北海道サンドウィッチのスタンド。

バインミーサンド(ベトナム)、サバサンド(トルコ)、トリハス(スペイン)、角煮バケットサンド(日本)などを用意する。

◆もんて(おむすびスタンド)


手土産に持っていきたくなるような新感覚おにぎりや、北海道米を使った米麺を新得(しんとく)地鶏の濃厚スープで食べるおむすびスタンド。

◆ハローブリトー(ブリトー)


タイ料理やフランス料理、肉料理、ラーメン&焼き鳥店など、札幌市内で7店舗を手掛ける食とライフスタイルのプロデューサーが手掛ける「ハローブリトー」。

片手で食べられる手軽で野菜もたくさん摂れるヘルシーなアメリカンブリトーを提供する。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■札幌パルコ


住所:北海道札幌市中央区南1条西3丁目3札幌パルコ地下2階
電話番号:11-214-2111