18日、韓国では最近、占い目的の外国人旅行者が増加している。

写真拡大

2016年4月18日、韓国・聯合ニュースによると、韓国では最近、占い目的の外国人旅行者が増加している。環球時報(電子版)が伝えた。

ソウル市の占いショップでは英語や中国語、日本語やロシア語など、外国語を使って占う店もある。地元旅行会社によると、今年1〜3月に占いが目的で韓国を訪れた外国人の数は前年同期の2.5倍に増えた。ソウル市の中心部・明洞(ミョンドン)の占いショップには、外国語によるサービスを提供する店も多い。

地元旅行会社は「韓国の文化体験を目的に来る外国人はますます増加している。占いもその一つで、重要な観光資源になりつつある」と話している。(翻訳・編集/大宮)