19日、韓国メディア・ETODAYは「中国人観光客の流れが地震の起きた日本から韓国に向かうかもしれないとの期待感が出ている」と報じた。写真は地震発生後の熊本(撮影:劉傑)。

写真拡大

2016年4月20日、環球網によると、韓国メディア・ETODAYは19日、「中国人観光客の流れが地震の起きた日本から韓国に向かうかもしれないとの期待感が出ている」と報じた。

【その他の写真】

今月14日から熊本など九州地方の広い範囲で地震が起きていることを受け、中国当局は国民に対し、九州への渡航に注意するよう呼び掛けている。韓国では中国人観光客を呼び込めるとの期待から関連業界の株価が上昇。ハンファギャラリアの19日の株価は1週間前に比べ8.91%上昇し、新羅ホテルも7.63%の伸びを見せた。

SK証券の関係者は「円安などの影響から日本を訪れる韓国人、中国人の数は増え、日本の観光業界に活況をもたらした」と指摘した上で、今回の熊本地震が与えるマイナスの影響は少なくとも9月ごろまで続くとの見通しを示している。(翻訳・編集/野谷)