20日、国際NGO「国境なき記者団」は16年の「報道の自由度ランキング」を発表した。写真は中国の新聞スタンド。

写真拡大

2016年4月20日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)によると、国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)は16年の「報道の自由度ランキング」を発表した。

中国は報道の自由において「世界の暗黒地帯」と指摘され、対象の180カ国・地域のうち後ろから数えて5番目の176位だった。国境なき記者団の責任者は「中国の問題が指摘されて久しいが、依然として記者やブロガーの拘束数が世界で最も多い国だ。中国における報道の自由の現状はひどく、懸念すべき状況だ」と語った。

一方、「特定秘密保護法」が14年に成立した日本は、前年より順位が11下がって72位。韓国も順位を10下げて70位だった。朴槿恵(パク・クネ)大統領とメディアの間の対立が指摘された。アジアでは台湾の順位が最も高く51位だった。香港は順位を1上げて69位だった。(翻訳・編集/大宮)