20日、日本の記者のツイッターのつぶやきが思わぬ波紋を呼んでいることに、中国のネットユーザーも注目している。写真は地震後の熊本のコンビニ(撮影:劉傑)。

写真拡大

2016年4月20日、日本の記者のツイッターのつぶやきが思わぬ波紋を呼んでいることに、中国のネットユーザーも注目している。

香港紙・文匯報によると、大きな地震が発生した熊本県で取材中の毎日放送の記者が、自身のツイッターで弁当の写真を付けて「やっと今日の1食目。食料なかなか手に入りにくいです」とつぶやいた。すると、ネットユーザーから「食料の現地調達なんてありえない」「被災者の方の1食分」「食料は持参すべき」といった批判の声が上がった。同記者は「配慮に欠けた」と写真とツイートを削除したが、批判の声は収まっていない。

被災地での取材をめぐっては、関西テレビの車両が熊本県内のガソリンスタンドで順番待ちの列に割り込み、後に謝罪している。

今回の騒動に、中国のネットユーザーからは「これが日本人の民度」と記者の行為をやゆする声や、「日本人の意識は高いな」と日本のネットユーザーの指摘を評価する声が寄せられた。また、「飯は人が食べるためにある。記者は人じゃないのか?」と記者を擁護する声も見られる。

このほか、「日本のメディアはだめだな。なぜ首相が休みなく指揮している様子や救助隊の奮闘を伝えないんだ?」といった自国に対する皮肉めいたコメントも少なくない。中国では災害時、国家主席らが被災地を慰問に訪れたことや、救助隊の奮闘ぶりが大々的に伝えられる。(翻訳・編集/北田)