写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インフィニコは4月19日、DNS機能を新たに標準搭載した「NetRegio DHCP」シリーズの3製品「IRK-HDH-1K NetRegio DHCP 1000」「IRK-HDH-2K5 NetRegio DHCP 2500」「IRK-HDH-5K NetRegio DHCP 5000」の販売を開始すると発表した。

NetRegio DHCPシリーズは、DHCPサーバ機能を提供する中規模向けアプライアンス。異拠点間での冗長機能を標準装備し、BCPやDR対策にも対応。最大消費電力3.5Wの省電力設定で、サイズもA5相当と小型設計となっている。

今回、発売する新製品では、「DNSサーバ機能」「DNSSEC機能」「冗長構成」「IPv6(DNSv6)対応」を追加。DNSサーバの登録レコード数は最大で機種ごとに1000、2500、5000個。Microsoftが提供するOffice365の構成に必須のSRVレコード、WindowsADやダイナミックDNSにも対応し、クライアントからのDNS登録も可能。

また、権威DNSサーバとDNSキャッシュサーバ間でDNS応答が正しいサーバからのものであるかを検証するDNSのセキュリティ拡張仕様DNSSEC(DNS Security Extensions)や、管理ゾーンでの公開鍵、秘密鍵設定にも対応予定。さらに、IPv4に加えてDNSのIPv6であるAAAAレコードにも対応予定となっている。

(Aries)