20日、熊本県で先週発生した2度にわたる大きな地震の影響で、多大な被害が出ている。写真は中国の家電量販店。

写真拡大

2016年4月20日、熊本県で先週発生した2度にわたる大きな地震の影響で、多大な被害が出ている。イメージセンサーなどを生産するソニーのテクノロジーセンターが被災地に位置するため、アップルのiPhone7などスマートフォンの生産に影響がでるのではとの懸念を呼んでいる。これについてソニーは、熊本地震のスマートフォン向けイメージセンサー供給への影響は軽微であると発表した。人民網が伝えた。

ソニーによると、スマートフォン向けイメージセンサーの主力工場であるソニーセミコンダクタマニュファクチャリング株式会社の長崎テクノロジーセンター(長崎県諫早市)および大分テクノロジーセンター(大分県大分市)は、地震発生後、一部の生産装置が一時停止していたものの、4月17日より順次復旧し、生産を再開しているという。さらに、同社鹿児島テクノロジーセンター(鹿児島県霧島市)は、地震発生後も大きな影響はなく稼働している。

なお、主にデジタルカメラや監視カメラ向けのイメージセンサー及びディスプレイデバイスなどを生産している熊本テクノロジーセンター(熊本県菊池郡)は、地震発生直後より現在まで生産活動を停止している。現在、建屋や生産装置の被害状況を確認中で、余震が続いていることもあり生産再開は未定だという。

ソニーはまた、地震発生時に各事業所内で勤務していた従業員への人的被害はなく、地震による連結業績への影響については、現在精査中と発表した。

イメージセンサーはスマートフォンのコア部品で、カメラの性能(画質)を決定づける。ここ数年、ソニーは同分野で絶対的な地位を確立しており、iPhone、iPadを含むミドル・ハイエンドのスマートフォンやタブレットPCに同社製品が幅広く採用されている。アップルが今年秋に発表するiPhone7にも同社のイメージセンサーが採用されるとみられている。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/武藤)