とりあえず「とりあえず」やめてみない? Is That Decision Real?

写真拡大

I heard M talking on the phone and she used an interesting word in Japanese, called toriaezu (toh-ree-ai-zoo).

She said to her editor, "Toriaezu I'll send you an outline. We can polish it together when I see you". She was referring to some article she was writing.

The word "toriaezu" caught my attention.

Apparently, itmeans "tentatively". I'm guessing it means something like, "for now".

For example, Japanese people would say at a bar, "Toriaezu, I'll have a beer".

For starters they'll go with beer, and later on they'll proceed to the drinks they love, such as sake or whiskey.

Or, when young collage graduates are looking for a job, they would land a job in a field they are not that excited about. They say, "Toriaezu, I'll do this job for three years. Then I'll figure out what I really want to do". They don't have much passion for it, but it's a stable job, and it makes their parents happy.

Toriaezu - what a convenient word. It leaves your real decisions in the hands of your future self.

For now, you get to make a lazy decision. You can put your real desires and passion aside, and think about them later.

But I wonder.

Does that time to make that real decision ever arrive? Is today an extension of that tentative decision you didn't give much thought to? Or is today based on a choice your heart has made carefully?

Humans believe, that they will have enough time to make their real decision someday. They will quiet down their passion and do things they don't really enjoy doing. I don't get it.

They say, "I can still have fun on the weekends". Or "I can do what I love when I retire".

But no one knows, if you'll have time for that later.

I wouldn't know how to use the word toriaezu. Cats don't have that word, because we are made to not imagine the future.

Every decision I make is a real decision. I listen to what my instinct is saying. I listen to it carefully.

Do I want to take a nap now? Or eat?

Do I want to nag M to put down the damn rectangular thing she's always staring at and play with me?

Or do I feel like opening that window screen to attempt an escape?

There's no guarantee that you'll have time for your decision later. So I do what I feel like doing in the moment. I don't care what M is doing, or if M gets mad at me.

Why don't humans drink their favorite drinks first?

Why don't they just do what they really love doing?

"Because I don't have the money"

"I don't have any time"

"I have responsibilities", they say.

Sure, I understand. The human world is way rougher than the cat world. Maybe it's not that easy, to do what you really love.

From my point of view, time, money, and responsibilities are things you can do something about. If you want to make that real decision about what you love, there is always a way.

Try doing what your heart feels happy doing at that moment. The energy you are spending on your tentative decision is a waste of energy.

For now you can start by trying not to use the word toriaezu.

Your heart will definitely feel the difference.

***

Mが、電話で不思議な言葉を使っていた。

「とりあえず、構成を送りますね。最終的な原稿は相談させてください」

どうやら、次に書く記事について編集長と話しているようだ。

「とりあえず」という言葉が気になった。

話を聞いていると、どうやら「とりあえず」とは「十分な対処は後回しにして、暫定的に対応するさま」とか、「なにはさておき」ということらしい。

...なんだか複雑でそれでもよくわからないのだけど、「ひとまず」とかっていうことだろうか。

たとえば、日本人は居酒屋に行って飲むときに「とりあえずビール」って言うらしい。まずはビールを頼んで、あとで日本酒とかウィスキーとか、「本当に好きなお酒」を飲むんだって。

それとか、大学を卒業したばかりの学生は、希望の仕事とは別の仕事に就いたとしても、「とりあえず、3年間この仕事をやってみる。本当にやりたいことはやりながら探す」って言う。情熱はさほど持てないけれど、安定した仕事だし、親が安心してくれるから。

「とりあえず」って便利な言葉だなぁ。 「本当の決断」は、将来の自分に任せてしまえる。

今は、「とりあえずの決断」をしておく。そうすれば、情熱や希望は置いといて、ひとまずあとで考えればいいことになる。

でも、ぼくは考える。

その「本当の決断」をする時は来るんだろうか? もしかしたら今日は、「とりあえずの決断」の延長になっていないだろうか。 今日生きた人生は、こころが丁寧に決断したことなだろうか。

人間はどうやら、いつか「本当の決断」をする時間が十分にあると思っているらしい。そして、本当に情熱をもっていることや好きなことに気づかないふりをして、あまり好きじゃないことをしている...意味がわからない。

「週末に本当に好きなことをするから、平日は我慢して仕事頑張る」とか「退職したら思う存分やる」と言う。

でも、本当にやりたいことをやる時間がちゃんと来るかどうかは、だれもわからない。

ぼくは猫なので、「とりあえず」という言葉の使い方を知らない。 もともと、猫の世界に「とりあえず」はない。将来のことを、考えられないようにぼくたちはできている。

ぼくがする決断は、全部本当の決断だ。

こころが言っていることを聞く。

ちゃんと、聞く。

今ぼくは、昼寝をしたいんだろうか? なにか食べたいのだろうか? それとも、長方形の小さな画面ばかり見ているMを引っ掻いて遊びに誘いたいんだろうか? または、ベランダへの脱出を試みて、網戸を開けたい気分だろうか?

やりたいことはあとでやれるという保証はない。だからぼくは、やりたいことをやりたいときにやる。たとえ、Mが何をしていようと、Mを怒らせたとしても。

人間はどうして、最初から一番飲みたいお酒を飲まないんだろう? どうして、一番好きなことをやらないんだろう?

「だってお金がいるから」「時間がないから」「責任がいろいろあるから」と人間はみんな言う。

そうだよね。人間の世界は猫の世界より大変なのは、ぼくも知ってる。本当に好きなことはそんな理由で、すぐにはできないかもしれない。

でも、実は「時間」も「お金」も「責任」もどうにでもなるんだと思う。「本当の決断」を実現したければ、きっとなんとかできるはずだ。

こころが本当に満足できることだけを、したほうがいいとぼくは思う。「とりあえずの決断」に使っているエネルギーは、とてももったいない。

まずは、「とりあえず」を使うのを、とりあえずやめてみたら何か変わるかもしれない。

こころはその違いを、ちゃんと感じると思う。