キミは本当のVestaxを知らない:創業者・椎野秀聰がイヴェント「Sound & City」に緊急登壇!日本が誇る音楽ハードウェア企業の「再生」を語る

写真拡大

ESP、Vestaxといった有名楽器メーカーを立上げてきた、稀代のハードウェア・アントレプレナー椎野秀聰。クリエイティヴィティを解放するものツールとして楽器につくりつづけてきた彼は、いま何を考え新たなな一歩を踏み出すのか。椎野の軌跡を知ることで、危機的な状況になる日本の「音楽」そして「ものづくり」の未来がみえてくる。「Sound & City」での椎野の登壇は、4月29日14:30〜、アークヒルズカフェにて(有料3,500円)。

「キミは本当のVestaxを知らない:創業者・椎野秀聰がイヴェント「Sound & City」に緊急登壇!日本が誇る音楽ハードウェア企業の「再生」を語る」の写真・リンク付きの記事はこちら

「SOUND & CITY」、4/28(木)〜29(金)開催

詳細は、随時更新される特設サイトにて! 有料となるアークヒルズカフェ内のプログラム、及びワークショップのチケットはすべてこちらのPeatixページから購入いただけます。椎野が登壇する4/29(金)には音楽家・森永泰弘、和田永、agraphが、前後にレクチャー・トーク予定です。

楽器メーカーのESP、DJ機器メーカーのVestax。音楽を自分でちょっとでも嗜んだことがある人ならば、きっと馴染みのある名前だろう。では、問題。このふたつの企業の共通点は何か?

答え。ともに日本の企業であること。ともにグローバルブランドとして世界中のプロから信頼される企業だ。だが、意外にも、日本企業であることを知らない人は多い。

そして、もうひとつの答え。ともにひとりの日本人によって創業された会社なのだ。「椎野秀聰」が、その日本人の名前だ。

ESPは1975年、ヤマハ勤務を経て、フジゲンでギターブランドの「Greco」の設立に関わった椎野により、日本初のプロショップとして、リペアやカスタマイズをオープンにすべく設立された。立ち上げに尽力したのち、椎野自身は77年にはESPを離れ、自らの楽器製作企業「椎野楽器設計事務所」を設立した。

そこで彼はエレクトリックギターのほか、コンポーネントアンプからプリアンプの製造などに着手し、1984年にマルチトラックレーコーダーなどの製造まで手がけるにいたる。TEACやAKAI、クラリオンといった他社メーカーのOEMを多数手がけた技術力・開発力を資源とし、椎野はデジタルキーボードからギターエフェクターの製作にまで事業を広げていくことになる。そして、87年には社名を「Vestax」に変更し、その年に初めてのDJバトルコンテストを日本で開催、数年のうちに英国・米国に支社を設立し世界的な音響機器メーカーとして、世界市場において独自の地位を築くことになる。

椎野秀聰は、自ら卓越したギターのリペアマンでもあるが、エンジニアではない。高校を卒業した後、4年間浪人生活を送った結果、大学に入ることなく日本楽器製造(現・ヤマハ)に入社している。

ヤマハに入社した当時、日本のエレキギターの市場は、存在しないも同然だったと言う(椎野によれば「当時ヤマハのエレキは年間50本しか売れていなかった」)。しかし、椎野は海の向こうで起こっていた「ロック」という名の「音楽の民主化運動」に感化され、「エレキギターというツールこそが、人のクリエイティヴィティを解放するものだ」と見てとり、いち早くバンドコンテスト”A ROCK” を企画したほか、Grecoブランドを設立、ドクター・シーゲルこと成毛滋による教則テープをノベルティにして販売するなどのアイデアによって、日本市場におけるポップギアとしてのエレキギターを一気に普及させたのだ。

その後も、Aria、FernandesやH.S.Anderson(H.S. は椎野のイニシャル)といった国産ブランドの設立に陰日向において関わってきたことを知れば、椎野が見た夢は、「ハードウェア」の普及を通して、確かに実を結んだと言える。

そして、その思いは「Vestax」にも受け継がれた。椎野にとってのDJ機材は、ギターがそうであったように、「みんなのクリエイティヴィティを解放するものツール」だったのだ。だからこそ、椎野は常に音楽家と寄り添うこと、彼らの欲望やちょっとした欲求を十全に満たすことを自らのミッションとし、そこから次から次へと目を見張るような商品開発を展開していった。Grecoで椎野は、ユーザーの声を「R&D」にダイナミックに反映させる、一種「クラウドソーシング」にも似た構想をも実行している。

もちろんテクノロジーの最先端を行くことも重要だった。椎野は、デジタルハードディスクレコーダーをわずか数百万円という開発費によって実現したこともあれば、いち早く取り入れたデジタルインターフェイスを見たスティーヴ・ジョブズから、「何か一緒にできないか」と直接問い合わせを受けたことがあると言う(しかも、2度も)。

と、同時に椎野は傑出したアイデアマンでもある。カラオケのボイスチェンジャーを開発したり、タワーレコードが世界的に導入し、一時売上を飛躍的に伸ばすことに貢献した「試聴機」は、椎野の発案により、Vestaxが開発し、世界中の店舗に設置されたのだった。

2002年に椎野が離れたことで、Vestaxは、迷走の果てに2014年に倒産するにいたるが、それまでに椎野が日本の音楽文化に果たした貢献は、評価しすぎてもしすぎでないほど大きかったといえる。クオリティを損なうことなく、大胆なイノヴェイションをもって、世界市場で絶大なる評価を得、同時に音楽ハードウェア業界を何十年に渡って継続的にドライブしてきた椎野は、実際、日本には数少ないイノヴェイター/アントレプレナー/クリエイターだった。

その椎野は、Vestaxから離れたのち、しばらく音楽ビジネスから遠ざかっていたが(明治期に日本で初めて絹織物で洋服を作った曽祖父が起こした事業「椎野正兵衛商店」の再興を目指し、絹織物の製作に没頭していたのだ)、2016年、長年音楽に見続けてきた夢に、改めて身を投じることを決意した。

STPVestax」の名をもって(STP は Super Technology Project の略)、椎野が再興しようとしているのは、単なる機材メーカーではない。それは「世界中から集めたアイデアを実現するための、オープンなイノヴェイション・ラボ」のようなものだと椎野は語る。

日本が世界に誇るべきアントレプレナーについて、ぼくらは、その過去の軌跡を、そのビジネスの手法を、そしてものづくりの理念を、改めて知るべきなのかもしれない。新生Vestax、すなわち「STPVestax」を通じて、椎野秀聰は、いま、音楽の未来に何を見ようとしているのか。そのヴィジョンを聞く貴重な機会が「Sound & City」で実現する。(詳細は『WIRED』日本版、6月10日発売号「いい会社」特集にて掲載!)

日本の「メーカー」が危機的な状況を迎えるなか、孤高のハードウェア・メーカーを率いてきた男の言葉に、いまこそ耳を傾けるにふさわしいときはない。

また、椎野が登壇する4月29日(金)には森永泰弘、和田永、agraphが、前後にレクチャー・トークを行う。4つの講演を一日券3500円で聴講できるまたとない機会だ。音楽の未来を考える音楽家、起業家は、必見だ。

さらに前日28日(木)には、世界の音楽文化を牽引する世界一の「ハードウェアスタートアップ」、Beats by Dr. Dreのプレジデントであるルーク・ウッドが登壇。音楽ビジネスの最前線を、語ってくれる予定。こちらも見逃せない。

VESTAX創業者・椎野秀聰が明かす「クリエイティヴ・ハードウェアメーカー」の真髄

日時:4月29日(金)15:00-16:20
場所:アークヒルズカフェ
入場料:1日券3,500円

HIDESATO SHIINO|椎野秀聰
1947年生まれの起業家。ヤマハ、グレコを経て1975年に「ESP」を創業、ギター、アンプなどの楽器設計製造を行う。1977年に椎野楽器設計事務所を設立。その後1987年に「VESTAX」を設立。ボイスチェンジャー、エフェクター、マルチレコーダー、デジタル機器、DJ機器などを開発・生産・販売し、世界市場で絶大なる信頼を得る。2002年には、曽祖父の椎野正兵衛の創業した絹織物事業を受け継ぎ、株式会社椎野正兵衛商店として再興。2014年に破綻したVESTAXの再興を目指し、「STP VESTAX」として2016年5月に新製品を投下する予定。

INFORMATION

4/28(木)〜29(金)開催!「SOUND & CITY」

未来のTOKYOを「音」というテーマを通して体感する複合イヴェント「SOUND & CITY」。『WIRED』日本版とRizomatiks、そしてTechShop Tokyoのプロデュースで、4月28(木)29(金)にアークヒルズで開催。tofubeats、和田永などのアーティストとともに、BeatsのプレジデントやVESTAXの創業者らが登場する新しいタイプの複合イヴェント!