首位発進を決めた篠原まりあ(提供:大会事務局)

写真拡大

<パナソニックオープンレディース 初日◇20日◇千葉カントリークラブ 野田コース(6,512ヤード・パー71)>
 明日より開幕を迎える国内男子ツアー『パナソニックオープン』の会場・パナソニックオープンの目と鼻の先である千葉カントリークラブ 野田コースでステップ・アップ・ツアー『パナソニックオープンレディース』が20日(水)に一足先に開幕した。
【関連】ドレス姿も!篠原まりあフォトギャラリー
 初日の競技を終えて1アンダーで首位に立ったのは篠原まりあ、伊藤栞奈、鬼澤信子の3人。篠原は昨年の『LPGA新人戦 加賀電子カップ』で優勝して掴んだ、今季の開幕戦で19位タイに入る等レギュラーツアーでも存在感を発揮している。
 「グリーンが凄い硬くて苦戦した。ちょくちょくミスショットしてたんですけど、うまくカバー出来た。パーセーブ率が高かったなと回りながら思っていました。パーが多い1日でした」と今日のラウンドを振り返った篠原。「明日は今日ミスしてしまったホールで同じミスを繰り返さないようにしたい」と2日目への意気込みを語った。
 首位の3人を1打差で追いかける4位タイには恒川智会、石山千晶、イ・ジウ(韓国)、ジャン・ユーヤン(中国)の4人。4年ぶりにステップ・アップ・ツアーに出場している堀奈津佳は7オーバーの76位タイで初日を終えている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>