花粉症対策用のサングラスをかけて最終調整を行った(撮影:福田文平)

写真拡大

<パナソニックオープン 事前情報◇20日◇千葉カントリークラブ 梅郷コース・千葉(7,130ヤード ・パー71)>
 4月21日(木)から千葉カントリークラブ 梅郷コースで開催される『パナソニックオープン』。『パナソニックオープン』は2013年以来3年ぶりの復活(※同会場では初開催)。2014年に本コースで開催された『日本オープン』を制した池田勇太は“勝ちにこだわる”と意気込みを力強く語った。

 「ここに戻ってくると懐かしい感じでゴルフができる」と池田。自然と調子も上がってくる感覚がある、と語るなどイメージの良さを感じながら練習ラウンドをこなした。
 今季からクラブ契約フリーとなり、現在もセッティングは“目下調整中”。「先週1週間試してみて、良い部分、悪い部分が見えてきた。とりあえず試合で使えるものはできてきている」とラウンド後も練習場でウッドを入念に打ち込み、鉛で振り感、重量感を調整。ドライバーもプロギアのプロトタイプモデルを試すなど“使える”クラブ発掘にも余念がない。
 「この時期に“自分の好きなコース”で大会が復活してくれたので優勝にこだわっていきたい。スッと入っていけると思いますよ」と気合は十分。クラブ調整も練習場を出るころには納得した表情を浮かべていただけに、縁のあるコースで結果を出せる可能性は十分にある。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連写真】
「1日1日ベスト尽くす」永野竜太郎 2戦連続優勝争いで熊本に勇気を!
池田勇太、ズボンが破れても、ボールが落ちても…「楽しい!」
「新しい池田勇太」、今季の“戦闘服”はマスターバニー!
ツアーで見つけた旬ギアネタ!【東建ホームメイトカップ編】
男女ツアーボール勢力図 WeeK7〜東建ホームメイトカップ