写真提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は20日、ミニバン「ヴォクシー」「ノア」に、TOYOTA GAZOO Racingのテストドライバーがチューニングを施したスポーツコンバージョン車"G SPORTS"(G's)"を設定して発売した。

今回設定された「ヴォクシー ZS "G's"」「ノア Si "G's"」は、2010年にスポーツコンバージョン車シリーズ"G SPORTS"の第1弾として発売されたモデルに磨きをかけ、ミニバンを意識させない「走りの楽しさ」「操る喜び」や上質な乗り心地を実現した。

G'sとしてのスポーティかつ個性的な外観と、走る気持ちを高揚させる室内空間も演出。具体的には、足回り装備として全高を約15mmダウンさせた専用チューニングサスペンションに加え、専用剛性アップパーツ&フロア下空力パーツにより、ステアリング操作に対する正確なクルマの動きとしなやかな乗り心地を実現している。

外観には、G's専用のフロント大型バンパー、フロントグリル、フードモールや215/45R18タイヤ(ブリヂストン「POTENZA RE050A」)&7J G's専用アルミホイール(エンケイ製)などを装備してスポーティ感を強調。内装には、スエード調表皮と合成皮革を組み合わせ、シルバーステッチを施したG's専用フロントスポーティシート(G'sエンブレム付)、G's専用高輝度シルバーパネルのオプティトロンメーター(レッド照明・G'sロゴ付)などのG's専用の装備を充実させ、ベース車とは異なる個性を演出している。

「ヴォクシー ZS "G's"」「ノア Si "G's"」ともに価格は311万9,237円(税込)。

(木下健児)