ビールを飲んで、科学を語ろう! 世界100都市で今年も開幕「パイント・オブ・サイエンス」

写真拡大

世界100都市のパブを舞台に、第4回「パイント・オブ・サイエンス」が開幕する。さまざまな研究者のレクチャーと、参加者との自由な質疑応答が3日間にわたって行われる。

「ビールを飲んで、科学を語ろう! 世界100都市で今年も開幕「パイント・オブ・サイエンス」」の写真・リンク付きの記事はこちら

世界100都市のパブを舞台に、2016年で4回目を数える「パイント・オブ・サイエンス」がまもなく開幕する。

4月23日から25日にかけて、10カ国(英国・フランス・イタリア・スペイン・オーストリア・米国・カナダ・ブラジル・オーストリア・南アフリカ)のパブで、科学をテーマにした講義が一斉に行われる。現在、前売り券が販売中だ。

英国では、20都市で開催。25大学1,000人近くの研究者がスピーカーを務め、ビールとつまみを楽しむ聴衆たちと知識を共有する。運営はすべてボランティアによって行われ、講義は4ポンド(約630円)で聴くことができる。

パイント・オブ・サイエンスは2013年、インペリアル・カレッジ・ロンドンのマイケル・モトスキン博士とプラヴィーン・ポール博士の発案によって生まれたイヴェントだ。その後、国際的なフェスティヴァルへと成長し、これまで2,000人以上の科学者たちが自らの研究を語っている。

「毎日マウスや細胞と向き合う生命科学の研究者は、本来は人の命を救うという目的をもつにもかかわらず、患者と接する機会がありません。両者の溝を埋める価値は大きいとわたしたちは考えたのです」とモトスキン博士は言う。「科学に関心のある人は大勢います。しかし多くの場合、(科学の世界には)非常に堅苦しい雰囲気が漂っているため、人々は科学に近付こうとしないのです。わたしに言わせれば、コミュニケーションがすべてです。どんな内容でも、上手に話せば命を吹き込むことができますから」

4回目を迎える2016年のフェスティヴァルでは、ナノテクノロジーから「アートとサイエンスの衝突」まで、幅広い内容の講義が行われる予定だ。今年は、英国だけでも1万5,000以上の人々が地元のパブに足を運び、研究者が取り組むプロジェクトについての話に耳を傾けると、モトスキン博士らは予想している。