【漫画レビュー】女子校ヒエラルキーをしのぎ切れ! 女子同士の虚勢、嫉妬、自己愛などを描いた青春群像劇『17歳の塔』

写真拡大


女子にしかわからない女子の世界。ドラマや小説などでもよく目にするテーマですが、今回ご紹介するのは漫画。

先日発売された藤沢もやしさんの『17歳の塔』(講談社)という作品です。

タイトルに“17歳”とあるとおり、登場人物は17歳の女子高生たち。中高一貫の女子校を舞台に教室内のヒエラルキーを「塔」に見立て、それぞれが位置する高さから見える景色を描いた青春群像劇となっています。

女子の虚勢、嫉妬、優越感、プライド……年代問わず皆さんにも共感できる部分がきっとあるはず。ここで作品の中からひとつ、例にとってみたいと思います。

【女子校内のヒエラルキー】

「私はこの女よりは上 でもこの女よりは下」という言葉で始まる『17歳の塔』。

舞台となる2年3組のヒエラルキーで頂点に君臨するのは、高瀬理亜(リア)。美人で皆から憧れの存在とみなされていて、彼女自身“女王様”として自由にふるまっているような女の子。

それに対して、リアになんとか近づきたいものの実際はパシリのような存在になっているのが小田嶋美優。見かけも垢抜けなくて、性格もおっとりしてドジっ子。ヒエラルキーでいえばクラスの中でかなり下のほう。

ところが、このヒエラルキーが徐々に変わっていくんですが、この描き方がうまい。描き方が、というより小田嶋さんのやり口が。小田嶋さん、天然をよそおいつつも実はそうとうな野心家であり策士であったのです。リアのような女性もいるけど、小田嶋さんのような女性もリアルなんだよなー。

【女王が転落する瞬間】

最初はリアに「憧れてるからそばにいられるだけで嬉しい」と言って下手に出つつ、見えないところでさりげなーくだんだんとクラスに馴染んでいく。生徒会の仕事を手伝ってみたり、他のグループの子たちとも交流を持ち始めたり。

そりゃそうです、いつもニコニコしていて人当たりの良い小田嶋さんが、他の女子たちから「いい子だよねー!」という評価を受けるのは当然のことなのです。

こうしてクラス内での評価を静かに、でも確実に積み上げていった小田嶋さんですが、あるときリアを一気にクラスの頂点からひきずり下ろす事件が起きます。これにてリアはクラス中の女子から白い目で見られ、代わりにクラスの頂点に立ったのは小田嶋さんという図に。

【自分ならどうする?】

普通の漫画であればリアと小田嶋さんにのみスポットを当て続けて描かれることも多いですが、この作品の面白いのは群像劇である点。

クラスには頂点の座を争う者たちもいれば、頂点の者に取り入ることで自身の地位を守ろうとする者もいて、頂点争いを冷ややかな目で見ている者もいる。

自分ならこの塔の中でどうやってサバイブするか……自分と照らし合わせながら読んでみても面白そう。中には「今ちょうど同じ境遇にいるわ!」って人もいるかもね。

【高橋留美子さんも絶賛】

この作品、漫画家の高橋留美子さんも賞賛していて、

誰もがみんな、こんな感情に出会った事があるはず。作り笑顔も虚勢も嫉妬も、彼女たちの気持ちが切なく、そしてリアルに迫ってくる。「今はキツくても、しのぎ切れ」とエールを送りたい。藤沢さんの、荒々しくも豊かな表現力に感嘆する。

とのコメントを寄せています。る、留美子姐さんからの「しのぎ切れ」の言葉、なかなか重みがあります……!!

【続きは「ハツキス」で好評連載中!】

ちなみに私(記者)は中学・高校・大学と10年間女子校で過ごしましたが、「こういう気持ちあったなあ」と懐かしい気持ちになりました。……とともに、子どもできてママ友社会に属してみると、今もぜんぜん変わらない人間模様があったりして苦笑い。

女性というのは、集団になったらいつになってもその中にヒエラルキーという名の塔を作って、格付けしあうものなのかもしれません。

『17歳の塔』1巻はamazonなどで発売中、続きは漫画雑誌『ハツキス』(講談社)で好評連載中です。第一話のみ参照元からお試し読みもできますよ! 

参照元:講談社コミックプラス『17歳の塔』
執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

画像をもっと見る