写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オプティムとMRTは4月19日、「平成28年熊本地震」の支援を目的として、被災地向け遠隔医療サービスの無償提供を開始した。

両社は2月4日に、遠隔診療・健康相談サービス「ポケットドクター」を共同で提供することを発表しており、今回「ポケットドクター for 震災支援版」として無償提供することを決定した。「平成28年熊本地震」の被災者は、同サービスを利用して、遠隔から医師に健康相談することができる。

なお、同サービスは緊急性の高くない健康相談を受けるものとなっており、遠隔診療サービスではないため、緊急性の高い症状が出ている場合は、速やかに医療機関で受診することがすすめられている。

申し込みは、「ポケットドクター for 震災支援版」の申し込みフォームから行える。

(石原由起)