「エサ入れアーム」で魚を呼び寄せての近接撮影も

写真拡大

バンダイグループのシー・シー・ピー(東京都台東区)は、潜水艦型カメラ「赤外線コントロール サブマリナーカメラ」を2016年4月28日に発売する。

本体前面にカメラを搭載し、「写真」「動画」ボタンを備えたコントローラーの操作で潜行・浮上・前後進・左右回転のアクションを楽しみながら、毎秒30コマ・30万画素の動画(640×480ピクセル)を約5分、120万画素の画像(1280×960ピクセル)を約800枚撮影できる。カメラの両脇にヘッドライトを備え、暗い場所を照らしながら撮影可能だ。

レバーの傾き角に合わせスクリューの回転速度を細かく調整できる「デジプロ(デジタル・プロポーショナル)付き潜行浮上レバー」を備えるほか、「Wスクリュー」によるその場での方向転換が可能で、最小スペース20(幅)×20×(奥行)×15(深さ)センチの狭い場所でも自由自在に航行できるという。

水温50度以下の水槽、浴槽、家庭用プールなどに対応。「エサ入れアーム」を装備し、魚を呼び寄せて間近で金魚などの撮影ができる。記録用メディアは不要で、内蔵メモリー(256MB)に保存し、付属のUSBケーブルでパソコンと接続して再生する。

電源は、本体が単3形アルカリ乾電池×2本、コントローラーが単3形アルカリ乾電池×4本(いずれも別売)で、約40分の連続使用が可能だ。

価格は9980円(税別)。