AKB48を卒業後、歌手に女優業にとマルチな活躍を見せる板野友美さん。初の主演映画『のぞきめ』の主題歌『HIDE & SEEK』は、通算8枚目のシングルとなりました。

そこで、Noshではニューシングルに懸けた思いや、リアルNosh世代ともいえる板野さんのプライベートなことまで、根掘り葉掘りインタビューしてまいりました♡

Q:『HIDE & SEEK』は、また新しいタイプの曲になりましたね。

板野友美(以下、板野):今回は、映画『のぞきめ』の主題歌ということで、楽曲自体もちょっとホラー要素の強い映画に近づけて制作したんです。よく聞いてもらうと、歌詞や曲調など、ところどころにちょっとぞくっとする要素が入っています。


Q:想像すると、本当にぞくっとしました。

板野:歌詞が、特にそうですよね。『のぞきめ』の雰囲気を考えながら、そのニュアンスで歌ったんですけど。曲調的にはロックテイストで、サビは強めになっているんです。


Q:今回はウィスパー(ささやき)ボイスも特徴的です。

板野:「気づいて……」ってささやいたりしてるんです。制作の方と話し合って「ちょっと言ってみて」と言われ、挑戦しました。ロックだけどそんな要素があったりして、少し洋楽っぽい感じのテイストになっているので、そこが面白いとも思っています。

Q:歌の主人公は、どんな子を想像しましたか?

板野:歌詞的には、『のぞきめ』の雰囲気がそのままで。「気づいて……」もそうですけど「離さない」「逃がさない」という言葉が頻出しますし。お化けが歌っているような感じです(笑)。ただ、恋愛にも捉えられるかなと思っていて、聞く方によって受け止め方が変わる気もします。


Q:ジャケットのドレス姿もすごくキュートです。

板野:本当ですか? ありがとうございます。MVを撮ったので、同じような雰囲気にしました。

Q:普段も可愛い系のファッションですか?

板野:最近あんまり可愛い系はしてないです。私服は、結構シンプルで大人めな洋服を選びがちなので、あまりフリフリは着ていないかなぁ。デニムとか、Tシャツにワンポイントを入れていたり、アイテムはシンプルだけど、着こなしで変化を出したりしてます。

Q:「大人め」というのはテーマだったりします?

板野:今年くらいから結構意識しています。去年はスカートが多かったんですけど、今年はパンツが多いです。スニーカーとかも最近は履くようになりました!これまではヒールを合わせることが多かったんですけど、ずっとヒールだとむくんじゃったりもして(笑)。洋服に合わせてヒールだったり、スニーカーだったり、コーデを楽しんでいます。

前半のインタビューはここまで!
後半では、板野さんのプライベートではまっていることや、5月より始まるアジアツアーについてお話しいただきました!(取材・文・写真:赤山恭子)

■「HIDE & SEEK」発売記念イベント「トーク&ミニライブ&名刺お渡し会」
日時:4月24日(日) 18:00〜
会場:タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

■Tomomi Itano ASIA TOUR 2016【000】 Supported by DMM.com
【東京】5月7日(土) 1:13:30 開場/14:00 開演 2:17:30 開場/18:00 開演
会場:竹芝ニューピアホール ※【T’s PAЯTY”会員限定発売】公演
【東京】5月8日(日)14:00 開演
会場:竹芝ニューピアホール ※DMM.com 特別公演
【上海】5 月21日(土) ・22日(日)両日 20:00 開演
会場:上海唱吧加空間
【香港】5月28日(土) 20:00 開演
会場:九龍灣国際展貿中心- STAR HALL
【北京】6 月11日(土) 20:00 開演
会場:北京展覧館劇場
【東京】8月6日(土) 1:14:00 開場/15:00 開演  2:18:00 開場/19:00 開演
会場:TSUTAYA O-EAST
※チケット情報等の詳細はHP に記載

【関連記事】

※ 大人気ぺこ&りゅうちぇる、ビジネスカップル説を一蹴

※ 初タッグの及川光博&E-girls・Ami、お互いの印象を語る

※ 妻夫木聡、3億円あったら「世界旅行とかしたいな〜!」

※ 瀬戸康史、「マイクが心臓音を拾うくらいドキドキした」

※ 郄橋大輔、ぶっちゃけトークを展開「現役時代から自信はあまりなかった」