ただの肉じゃがはもう古い!?モテる「得意料理」の答え方

写真拡大

安定志向が強いと言われるゆとり女子のなかには「早く結婚したい!」と願っている人も多いのではないでしょうか。そのために必要なのはやっぱり料理の腕。昔から「男は胃袋でつかめ」と言われていますが、これはやはり真理のよう。

とはいえ、すぐに料理の腕を磨くのは難しいもの。でも、料理ができるアピールをして結婚を意識できる彼氏をつかまえたい!

そんなとき、意中の彼に「得意料理は?」なんて聞かれたら・・・なんて答えていいか迷ってしまうかも。そこで、本当に料理ができそうに見えて、なおかつ男ウケのいい得意料理の答え方を紹介します。

■親子丼などの丼もの


牛丼や豚丼など、丼ものを嫌う男子はいないもの。しかも、そこまで難しい料理ではないのでリアルさも醸し出せるという一石二鳥のメニューです。なかでも親子丼は、和食の代表格。

男子のなかで和食が作れる女子はポイントが高いので、心をつかむことができそう!

■ギョウザやロールキャベツなど包む系


得意料理を聞くと、なんとなく作っているときの姿を想像してしまうもの。だから、ギョウザやロールキャベツなど、少し手間がかかる料理を答えると、一生懸命作っている様子を勝手に想像してくれます。

とくに小さなものを包むような作業がある料理なら、健気な可愛らしさをアピールできるかもしれません。

■アレンジした定番料理


たとえば、鶏肉を使った肉じゃが、和風ソースのオムライスといった、定番料理にアレンジを加えたメニューを答えると、信ぴょう性が高まります。しかも意外性があって男子の印象に残りやすいというポイントも!

ただ、興味を引きすぎて「今度食べさせてよ!」と言われる可能性があるので、使うときは注意しましょう。

■卵焼きなど基礎の基礎


卵焼きやスクランブルエッグなど、基礎中の基礎の料理を答えるのも、かなりリアルな感じが演出できるのでおすすめ。しかも、あえて得意料理として答えることで、「もしかしたら、プロ並みのこだわりが?」「いや、逆に料理修行中なのかも」と男子の想像を掻き立てることができるので、男子に自分の存在をアピールするうえでも有効です。

合コンや飲み会で定番の質問である得意料理。答え方次第では男心をぐっとつかむチャンスになります。

早く結婚したいと思っているならとくに、たとえ料理に自信がなくても、なにかしら答えることが大切。もちろん、とてつもなく難しい料理を答えてしまうと、進展があったときに困ってしまうので、基本的には「ちょっと頑張れば作れるかな」くらいのレベルのものを答えるようにしましょう。