スパーズの堅守支えるアルデルヴァイレルトが驚愕のスタッツを記録! 600分以上ノーファウル

写真拡大

▽トッテナムのベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルトが、600分以上ノーファウルという驚愕のスタッツを記録していることが判明した。イギリス『squawka.com』が伝えている。

▽『squawka.com』の伝えるところによれば、現在アルデルヴァイレルトはプレミアリーグで600分以上に渡って、1つのファウルも犯してないという。同選手が接触プレーの多いセンターバックでプレーしていることを考えると、このスタッツは驚異的といえるだろう。

▽また、ここまでプレミアリーグ34試合にフル出場しているアルデルヴァイレルトだが、これまでに与えたファウルはわずかに9回。この記録はアーセナルのフランス代表DFローラン・コシエルニー(25回)や、レスター・シティのジャマイカ代表DFウェズ・モーガン(27回)、元ドイツ代表DFロベルト・フート(31回)、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(26回)、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFクリス・スモーリング(42回)など、その他のチームのレギュラーセンターバックに比べて、格段に優れた数字だ。

▽昨夏に1150万ポンド(約18億円)でアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入したアルデルヴァイレルトは、卓越した戦術眼と機動力を武器に、リーグ最少失点(25ゴール)を誇るトッテナムのディフェンスリーダーとして活躍。また、プレミアリーグ屈指のフィード能力を持つ同選手は、ここまで4ゴール2アシストと攻撃面での貢献も見逃せない。

▽先日、発表されたPFA年間最優秀選手賞候補の6人には惜しくも選出されなかったものの、スパーズが55年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた場合、間違いなくMVP候補の1人に挙がるはずだ。